HOME > こんな症状をお持ちの方はご相談ください

こんな症状をお持ちの方はご相談ください

痛み

普段私たちが感じる『痛み』には、すぐに治る痛みや長く続く痛み、刺すような痛みやだるい痛みなど、さまざまな種類の『痛み』があります。
また、痛みを感じる部分も、腰、首、肩、頭、足など、いろいろです。『痛み』はとても不快な感覚ですが、『痛み』を感じることで、身体に何らかの異常や異変が生じていることに気づきます。
『痛い』という感覚がなければ、危険を察知したり、回避することができず、ケガや病気を繰り返したり、命の危険に繋がることもあります。しかし、中には生命活動に必要ではない痛みもあります。必要以上に長く続く痛みや、原因がわからない痛みは、大きなストレスになり、不眠やうつ病など、ほかの病気を引き起こすきっかけにもなります。このような場合は、『痛み』そのものが"病気"であり、改善が必要となります。
では、アナタの『痛み』の原因はそもそも何なのでしょうか。自分の『痛み』を知って、『痛み』の解決策を導き出しましょう。






婦人科疾患



しびれ

『しびれ』には、長く正座した後のようにジンジンする異常な感覚の場合と、手や足に力が入りにくい運動麻痺の場合とがあります。感覚の異常だけのこともあれば、運動麻痺だけのこともあります。感覚と運動の障害が同時に起こってくることもあります。手足の感覚を脳に伝える神経の経路に病気や、骨の歪みによる神経圧迫、筋肉のハリによる神経圧迫が起これば、感覚が麻痺したり、刺激されて何も触れていないのにジンジンしたりします。脳から手足を動かす命令を伝える運動神経の経路が病気や、骨の歪みによる神経圧迫、筋肉のハリによる神経圧迫で侵されると、思うように手足の筋肉に力が入らなくなったり、筋肉がやせ衰えてきたりします。侵される部位によっていろいろな原因で感覚神経や運動神経が鈍くなります。内科疾患でおこる『しびれ』、椎間板ヘルニアや変形性脊椎症など脊椎疾患でおこる『しびれ』、胸郭出口症候群など筋肉疾患でおこる『しびれ』や脳卒中でも『しびれ』はよく出ます。このように『しびれ』の原因は実に様々です。両手に『しびれ』が出た場合や排尿・排便に障害が出た場合は、まずはお近くの病院にすぐに行かれることをお勧め致します。それ以外のアナタの『しびれ』の原因はそもそも何なのでしょうか。自分の『しびれ』を知って、『しびれ』の解決策を導き出しましょう。






スポーツ障害


身体の歪み


その他


まずはお気軽にお問い合わせください

〒615-8103
京都府京都市西京区川島六の坪町63-6
バンブーシュート洛西口Ⅰ203号室

075-925-5075

お問い合わせ