HOME > 施術について > 症例集 > シンスプリント

施術について

< O脚  |  一覧へ戻る  |  グロインペイン症候群(サッカー) >

シンスプリント


足の痛みで練習ができない、、、走れない、歩くのも辛いという痛みでお悩みではありませんか?


シンスプリントの主な症状としましては、

・すねの内側に痛みがでる
・走ると痛みがでる
・触る、少し押しただけで痛みがでる


これがシンスプリントの初期症状ですが、このままにしておくと立っているだけで『すねの内側』に痛みがでるようになります。
ようするに疲労骨折してしまうのです。。。

シンスプリントの好発年齢は、学生アスリートに多いです。
サッカーやバスケ、陸上競技など走ることが多いスポーツをしている人がなりやすいです。





シンスプリントの原因

 

シンスプリントのことなら、京都中丸整体カイロプラクティックへ
上記のなりやすい人に書いている通り、走ること『使いすぎ』が原因になります。
学生アスリートの基礎体力は、向上させなければならないものですが走る量が急激に増えた時に多く見られています。

ただし、同じ事をしていてもなる人・ならない人  が、いるということは何か問題があるということです。
シンスプリントになりやすい人は、身体のバランスが悪くなっていて、足のすねに負担がかかりやすい状態になっているのです。
筋肉が硬くなっていても負担がかかりやすいです。

そして、もう一つ。
身体の使い方が悪くなっているということ。
疲れが溜まってくると身体を正しく使いこなせなくなってしまうのです。

使いすぎ、負担のかかりやすい身体の状態、使い方が悪い
この3つがシンスプリントの原因といえます。






一般的に病院や接骨院で行われる治療法


物理療法
    電気やマッサージ、ストレッチが主です。


サポーター、テーピング
    負担を軽くしますが、依存してしまうと
    筋力低下や関節の動きの低下が生じます。
    テーピングなどは、あくまでも負担軽減のため根本治療には、なりません。


運動療法
   足りない筋肉のエクササイズ、張りすぎている筋肉のストレッチ


薬物療法
    湿布や痛み止めの薬です。

 




シンスプリントに対する施術
 


当然ですがシンスプリントの、原因を改善しない限り痛み自体は解消されません。

痛みを我慢したり、薬でごまかしていると『疲労骨折』になってしまいます。疲労骨折にならないように一刻も早く原因を改善していくことが重要になります。

負担のかかりやすい状態の改善
身体の回復力を最大限に高めるサポート
できる限り部活を休まない方法での施術・サポートをしていきますが、状態によっては休養が必要な場合があります。
そういうのも含めしっかり問診して施術させて頂きたいと思っております。

シンスプリントでお悩みの方、何処の治療院に行ったら良いかわからない方、
お気軽に京都中丸整体カイロプラクティックにご相談くださいね!


 

< O脚  |  一覧へ戻る  |  グロインペイン症候群(サッカー) >

カテゴリ:

まずはお気軽にお問い合わせください

〒615-8103
京都府京都市西京区川島六の坪町63-6
バンブーシュート洛西口Ⅰ203号室

075-925-5075

お問い合わせ