HOME > 施術について > 症例集 > 寝違え

施術について

< ディバーシファイドテクニック  |  一覧へ戻る  |  トリガーポイントによる頭痛 >

寝違え

寝違えのことなら、京都市西京区【洛西口・桂川】の整体院【京都中丸整体カイロプラクティック】

寝違えのことなら、京都市西京区洛西口の整体院【京都中丸整体カイロプラクティックへ】

 

起床時に感じる首や肩、背中の痛みを総じて寝違えと言います。首の緊張が強く、痛みによって振り向くことができなかったり、下を向けなかったりと症状の出方は様々です。起床時ではなく、日中首に違和感を感じ徐々に首が動かなくなって寝違えの様な症状を訴えるケースもあります。どちらの場合も数日で改善することがほとんどですが、痛い状態で無理を重ねると慢性疼痛や腕のしびれに発展することもあります。できるだけ、早い内に対応しておくのがベターです。





寝違えとは


「寝違え」は、医学的に「急性疼痛性頸部拘縮(きゅうせいとうつうせいけいぶこうしゅく)」といわれる症状のことを指します。一般的には、朝起きて首が痛む現象が全般的に「寝違え」と呼ばれています。





寝違えの症状


寝違えの主な症状は下記のとおりです。

 


痛みのために首が動かしづらくなる

筋肉がこわばり、動かしにくくなる

背中や肩、腕が痛む

 

 


通常は3日ほどで自然に治ることが多いのですが、重症化すると1週間以上痛んだり肩や腕のしびれが起こったりします。




 
 
寝違えの特徴
 

 

痛みを訴える部位は様々ですが後頭部の下から肩甲骨にかけてのライン、もしくは後頭部の下から脊柱に沿ったラインに痛みを訴える人が多いようです。炎症が起きている部位に応じて首の可動域制限が起こります。極端にひどい場合、すべての可動域に制限が起こります。

 


 
寝違えの原因
 

 

寝違えを引き起こすきっかけとなるものは様々ですが、不自然な姿勢のまま長時間寝てしまったり、枕やマットなどの寝具が合わなく首に負担がかかってしまったというケースもあります。また慢性的な首や肩コリ、精神的ストレスによる緊張状態でも発症しやすくなります。痛みがあるのに無理をしたり、放置していると腕や肩の痛みやしびれに発展するケースも多く、注意が必要です。





 

寝違いは初期治療が大事



寝違いは自然に治る事もありますが、炎症や痛みが伴う場合は
揉んだり温めたりは逆効果になる事があります。
しっかりと症状を見極めてから治療をする事が大切です。
痛みが伴ったままほっておくと筋肉が固まり症状の改善に時間がかかる事がありますのですぐに治療に来られた方が症状の改善も早くなります。





 
 
当院が行う寝違えに対する施術
 

 

首の可動域検査 画像
京都市西京区【洛西口・桂川】の整体院の
京都中丸整体カイロプラクティックが、
寝違えに行うケアは、
 
始めはどの方向に動かせるのか、動かせないのか、痛みの部位や可動域、増悪軽減要素を確認していきます。
症状が強いと防御反応として周囲の筋が緊張してしまい、更に可動域を制限している場合もあります。

そのような傾向がみられるときは、前腕や上腕など痛みの部位とは離れたところから施術を、始めることもあります。

 
炎症がある場合は、悪化させないようにアイシングなどで注意しながら筋肉の緊張を緩和させ、機能の損なわれている関節の働きを整えていきます。寝違えの程度によっては、痛みのある筋肉に対してテーピングを行うこともあります。

寝違えの方をたくさん診てきましたが、頸椎(首の骨)の上部の歪みがきつい方、胸や肩周りの筋肉の緊張がキツイ方、首の長い方、デスクワークの方などがなっているケースが多いです。

二度と寝違わない為にも、首の骨の歪みを矯正したり周囲の筋肉の緊張を定期的に取る事と共に、うつ伏せで寝たり・座りながら寝たり・足を組んだりという自然についてしまった悪い癖を改善し、

ハリやすい所の筋肉をストレッチしたり、弱い筋肉をトレーニングすることが二度とならない予防になるため
運動指導や姿勢指導などもさせて頂きます。


 
患者さんのお喜びの声


→ もっと患者様のお喜びの声を見る
 



 

< ディバーシファイドテクニック  |  一覧へ戻る  |  トリガーポイントによる頭痛 >

カテゴリ:

まずはお気軽にお問い合わせください

〒615-8103
京都府京都市西京区川島六の坪町63-6
バンブーシュート洛西口Ⅰ203号室

075-925-5075

お問い合わせ