HOME > 施術について > 症例集 > 変形性膝関節症

施術について

< 恥骨結合炎(グロインペイン症候群)  |  一覧へ戻る  |  半月板損傷 >

変形性膝関節症


中高年の膝のトラブルで、最も多く見られるのが変形性膝関節症です。
骨や軟骨がすり減ると膝にかかる負担を分散できなくなり、関節内で炎症を起こすことがあります。
炎症による痛みや持続的なストレスにより、関節が少しずつ変形します。
変形性膝関節症の進行は、下記を参考にしてください。



膝の痛みでお悩みなら京都市西京区の整体院【京都中丸整体カイロプラクティックへ】




 
変形性膝関節症の特徴
 


変形性膝関節症は歩き始めや階段で膝が痛み、しゃがむのがつらいため正座ができなくなるのが特徴です。変性が進んでいくと膝が塊のように膨らみ関節がこわばり、いわゆる『水がたまった』状態になります。動かすと強い痛みが出るため、可動域は著しく低下し、悪化すると歩くこともままならなくなります。



 
 
変形性膝関節症の原因
 


加齢、肥満などによる一次性の疾患と、外傷や炎症性疾患による二次性に分けられます。一次性は女性に多く、膝関節の軟骨や半月板などクッションになる組織が、長期間に渡り少しずつ磨耗して変形します。二次性の代表的な原因は関節リウマチや膝の怪我などが挙げられます。



 
 
変形性膝関節症に対する施術
 


京都中丸整体カイロプラクティックが、
変形性膝関節症に行うケアは、
 
炎症がひどく強く痛みがある場合は、アイシングなど物理療法を使用し炎症を抑え、テーピングなどで負担の軽減をしていきます。
そして、失われた可動域を広げるよう、関節の隙間を作りながらモビリゼーション(関節に細やかな運動を加え、硬くなった関節の可動域の改善を図る療法)を加えます。また、自宅でできる下記のようなエクササイズのポイントもアドバイスさせていただきます。


膝関節の痛みでおなやみなら京都中丸整体カイロプラクティックへ(エクササイズやストレッチ指導もさせて頂いております。)

 

< 恥骨結合炎(グロインペイン症候群)  |  一覧へ戻る  |  半月板損傷 >

カテゴリ:

まずはお気軽にお問い合わせください

〒615-8103
京都府京都市西京区川島六の坪町63-6
バンブーシュート洛西口Ⅰ203号室

075-925-5075

お問い合わせ