HOME > 施術について > 症例集 > 半月板損傷

施術について

< 変形性膝関節症  |  一覧へ戻る  |  膝の靱帯損傷 >

半月板損傷


膝関節内でクッションの役割をしている半月板は、線維軟骨とコラーゲンでできているので血管や神経もないため
半月板そのものは痛むことはないのですが、その周りの筋肉や腱や組織に負荷がかかり痛みを出している状態です。

重傷なケースでは、半月板が完全に断裂している場合もあります。痛み以外に膝の屈伸が出来ない、膝に力が入らないなどの症状がみられます。




 
半月板損傷の種類
 


半月板の損傷のことなら(京都中丸整体カイロプラクティックへ)





 
半月板損傷の特徴
 


半月板が損傷すると膝に可動域の制限が生じ、日常生活やスポーツ活動での支障が出ます。膝を動かすと何かが引っかかったようになり、動かず痛みが出る、膝の力が入らない、動かすとコリっという音(クリック音)がするなどの症状が現れます。




 
半月板損傷の原因
 


一度大きな怪我(外力)によって生じる急性の損傷と、繰り返し加わる外力によって生じる慢性的な損傷に分けられます。若い方では、スポーツ中でのトラブルによる外傷、高齢者の方では加齢による半月板の変性が原因で断裂が起こりやすくなります。




 
半月板損傷に対する施術
 


京都中丸整体カイロプラクティックが、
半月板損傷に行うケアは、
 
急性の損傷の場合、痛みと炎症を抑えるために物理療法(アイシング)を行います。一度病院での細かな検査をお勧めしますが、損傷・断裂が重度である以外は手術ではなく、カイロプラクティックの施術でも十分改善は見込めます。膝の動きをスムーズにさせ、周囲の軟部組織(筋肉、靭帯、関節包)のバランスを整え、腰、骨盤、足首周りにも広げて施術を加えます。また膝に負担が生じないよう、下記のようなエクササイズなどをお伝えする場合もございます。



 

< 変形性膝関節症  |  一覧へ戻る  |  膝の靱帯損傷 >

カテゴリ:

まずはお気軽にお問い合わせください

〒615-8103
京都府京都市西京区川島六の坪町63-6
バンブーシュート洛西口Ⅰ203号室

075-925-5075

お問い合わせ