HOME > 施術について > 症例集 > 産後の骨盤矯正いつから始めるの

施術について

< 産後ママに良い食材と良い食事  |  一覧へ戻る  |  産後ケアの重要性 >

産後の骨盤矯正いつから始めるの

京都市の産後 骨盤矯正なら京都中丸整体カイロプラクティック


現在、産後の骨盤をきちんとケアしていくことは情報誌やTVやタレントママのブログ等で紹介され当たり前のことになってきてます。
当院にも、たくさんの産後ママがご来院いただいております。






さて、本題の骨盤矯正はいつから始めるべきなのか?一つ一つ説明しながら紐解いていきます。


妊娠中から、ホルモンの働きで骨盤に含まれる、仙腸関節と恥骨の結合部が緩み骨盤が開くと、いう状態になります。
そのため経過月齢に伴い赤ちゃんがお腹の中で大きく育つことができます。
※帝王切開の方でも、骨盤は開きます。

出産後の骨盤や各関節は、ホルモンの働きでグラグラと不安定に緩み歪みの生じやすい状態かつ骨盤は開ききった状態になっています。
※帝王切開でも骨盤は開いています。

産後の骨盤をきちんとケアすることが、健康的な育児をはじめ、美容面(効率の良いダイエット)でも、重要になってきます。





上のグラフが妊娠するとホルモンが体内に分泌される量です。
出産前後が一番分泌が多く産後、月日の経過にしたがって徐々にホルモン分泌が減少して行きます。


あなたに当てはまるタイミングは?

特に痛みがない場合でも、産後2週間頃から産後2ヶ月頃までに矯正をスタートするのがベスト
身体的な面からみても、これくらいのタイミングが丁度いい事もふくめ精神面や生活習慣の指導を行っております。
間違った知識や良くない習慣を続けないためにも早めにご来院いただく事をオススメします。
※産後の腰痛や股関節痛や膝痛や恥骨痛など特に痛みが目立つ場合は、産後1週間から見える方もいます。
辛い痛みなどは無理せずかかりつけの産院または、当院へ一度ご相談下さい。


・産院2ヶ月〜6ヶ月頃までの方

産後から約6ヶ月頃までは、ホルモンの働きが作用しているため体中の関節や、骨盤がゆるんでいるので開ききった骨盤が原因で、元の体型に戻す事が大変な下半身太りになったり関節や骨盤の歪みから辛い痛みにつながってきます。
ですが、前向きに捉えていただくと、出産後から6ヶ月は開ききった骨盤でも、整えやすい良い時期だという事がお解りになると思います。
※6ヶ月経過している方よりも4ヶ月経過している方のほうが
  4ヶ月経過している方よりも2ヶ月経過している方のほうが
と、いった具合に産後からの時間が短い分だけ産後の骨盤矯正はスムーズになってきます。
結果、早い時期に矯正を開始したほうが回数や費用といった負担を抑える事ができます。


・産後6ヶ月以上過ぎている方

ホルモンの分泌が終わっているため関節や骨盤が歪んだ状態や開きっぱなしの状態で固まっている恐れがあります。
通常の2週間頃から矯正をスタートする方と比べ多少お時間や回数はかかります。

時間や回数はかかりますが当院ではそのような方の症例も多数ありますし、他で対応しきれなかった症状も改善し多くの方にご満足頂いておりますので産後6ヶ月以上経過している方でも諦めず一度ご相談下さい。


・産後から1年以上経過している方

今後、骨盤矯正を考えている方は勿論産後の骨盤ケアをされていない場合はできるだけ早めに
産後の骨盤ケアを始める事をオススメします。


確かな施術で無駄のない産後ライフを産後の骨盤矯正が初めてのことだったりと、いろいろ不安な事もあると思います。
お一人で考えたりせず一度当院へご相談下さい。
産後の骨盤矯正を通して、あなたが出産後の痛みやお身体の不調等もなく明るく楽しい子育てができる生活が送れる、施術を提供しております。

また初めての方の場合、若干ご予約が取りづらい事もあるため産後の骨盤矯正のかた限定で早めのご予約を承っております。
(妊娠中の方でも、産後に当院の産後の骨盤矯正を受けてみたいという方は早めのご予約が可能です)

< 産後ママに良い食材と良い食事  |  一覧へ戻る  |  産後ケアの重要性 >

カテゴリ:

まずはお気軽にお問い合わせください

〒615-8103
京都府京都市西京区川島六の坪町63-6
バンブーシュート洛西口Ⅰ203号室

075-925-5075

お問い合わせ