HOME > 施術について > 症例集 > 産後骨盤ケアの重要性

施術について

< 産後の骨盤矯正いつから始めるの  |  一覧へ戻る  |  生理痛・生理不順 >

産後骨盤ケアの重要性

京都 洛西口・桂川駅付近の整体カイロプラクティック京都中丸整体カイロプラクティックです。

京都洛西口・桂川の産後ケアなら京都中丸整体カイロプラクティックへ
 

妊娠中、産後に体の変化を感じたママは多いのではないでしょうか?腰や膝の痛み、体重の変化や気持ちの変化など、
様々な体の変化を感じた経験があるかと思います。最近、産後の方が多くご来院頂いていますので、ここで、産後のケアの重要性についてお話しいたします。

 

 




 

なぜ産後ケアが重要なのか?


 

妊娠から出産にかけて母体には非常に負担がかかります。妊娠中は、大幅に筋力ダウンや赤ちゃんが大きく育つにつれて骨盤が広がり身体全体が不安定な状態になっています。また妊娠してから出るリラキシンというホルモンの影響を受け、靭帯や関節がゆるゆるになり更に負担のかかる身体になっております。出産後には、その身体で家事や育児をこなし、寝不足が続き身体的にも精神的にもグッタリといった感じに疲れ果ててしまう産後ママも多くいます!
 

そしてそれは自然分娩なのか、帝王切開なのかまた症状があるのか、ないのかは全くもって関係ありません!
 

ここからは、先程述べた産後なぜ骨盤矯正ケアが大事なのかを詳しく説明していきます。



 


項目
 

①リラキシンの影響

②筋肉の弱化の影響

③骨盤の開きの影響
 



 
 

①女性ホルモン『リラキシン』の影響


 

妊娠をするとリラキシンという女性ホルモンが増えます。
リラキシンとは、子宮弛緩因子とも呼ばれ、関節やじん帯を緩める作用があります。
生理時の経血をスムーズに排出したり、分娩時に赤ちゃんが産道を通り抜けるために必要なホルモンです。

リラキシンは、妊娠初期から分泌され、産後1~2ヶ月で分泌が終わります。
医学的にリラキシンの分泌期間は所説あり、産後2~3日で止まるとも、6ヶ月くらい続くともいわれています。

リラキシンの影響で、全身の関節やじん帯が緩んだ状態が続きます。
緩んでいる間は、筋肉が身体を支えるため、全身の筋肉が疲労します。
なかでも、骨盤周囲の筋肉は出産のために疲弊していることから、身体を支えきれなくなり骨盤が歪みやすくなるのです。






 

出産によりダメージを受ける筋肉


 

骨盤底筋

骨盤底筋のイラスト

もっともダメージが大きいといわれているのは「骨盤底筋(こつばんていきん)」です。

骨盤底筋は、骨盤の底を支えるインナーマッスルです。
妊娠中の10ヶ月間、赤ちゃんが入った大きな子宮や大腸、膀胱などの内臓も支えています。
出産時には、平均で安静時の3.26倍も伸ばされるんだそう。
もともと、筋肉がない人は骨盤底筋が伸びるだけでなく、産後に子宮脱や膀胱脱、尿もれなどの合併症を引き起こすこともあります。




 

腹直筋

腹筋のイラスト

また、妊娠中は「腹直筋(ふくちょくきん)」にも影響があります。
腹直筋はシックスバックともいい、筋肉を鍛えている方の6つに割れる腹筋のことです。
この腹直筋は、妊娠後期になると左右に分かれます。
産後、徐々にもどってきますが、筋力の弱い方や、間違った産後トレーニングを行った方の中には、左右に離れたまま元通りにならない「腹直筋離開」になることもあるようです。




 

腹横筋

腹筋のイラスト

腹筋のひとつである「腹横筋(ふくおうきん)」は、お腹の深い部分にあるインナーマッスルで、コルセットのようにお腹を覆っています。
身体を支えるための、もっとも重要な筋肉です。
腹横筋は妊娠中、お腹が大きくなることで薄くペラペラの状態になっています。

この状態が数ヶ月続くことで、筋力が落ち、正しい姿勢を保てなくなってしまいます。

これらの筋肉がダメージを受けることで、骨盤を支えにくくなります






 

出産時に骨盤が開く


産後の骨盤の開き 画像
 

出産するときは、赤ちゃんを出すために骨盤の下側(恥骨結合)が大きく開き、仙骨が下がり、坐骨が広がります。

このように変化した骨盤は、すぐ閉じます。
開いた状態が続くと思われがちですが、長期間、開いた状態は続きません。





 

産後ケアを怠るとこんなことに、、、


産後ケアを怠った人 画像

 

1.女性ホルモンの分泌を増やせない

産後の骨盤は、腹筋や骨盤底筋が緩んでしまい、妊娠前よりも広がっています。
その広がった状態では、内臓が下がりやすくなっています。
内臓が下がってくると、一番下の方にある子宮や卵巣が圧迫感されてきます。
すると子宮・卵巣内の血流が悪くなり、女性ホルモンの分泌が悪くなってしまうのです。
女性ホルモンは中から体をきれいにしてくれるホルモンであり、また妊娠に関係するホルモンでもありますので、骨盤を締めて、女性ホルモンの分泌を増やす必要があるのです。

また最近では2人目不妊でお悩みの方も増えています。
そういった不妊の予防にも大きく影響します。




2.体型が元に戻りずらい


体型の変化は女性にとって、とても切実なお悩みでしょう。
出産後、妊娠前のパンツがまったく入らなくなってしまったという方がよく来院されます。
また中には「体重は妊娠前より減ったのに、妊娠前のスカ-トのファスナーが締まらない」という方も大勢います。
これは間違いなく出産で骨盤が広がってしまっています。

骨盤が広がると下半身が広がってしまい、お尻や脚が太く見えてしまいます。
そのまま放っておくと、脚の前や横に徐々に筋肉がついてしまいます。
さらに骨盤が広がっていると骨盤内の血液循環がわるくなってしまい、下半身への血流が悪くなってしまいます。
すると足がむくみやすくなり、それがセルライトに変化してさらに痩せにくくなってしまうのです。




 

3.子宮脱・膀胱脱になる可能性が、、


出産時には骨盤の底の部分(産道)が広がります。
同時に骨盤の底にある「骨盤底筋」も広がって緩みます。
この骨盤底筋は、内臓が下に落ちるのを支えている筋肉です。
この骨盤底筋が弱くなると、骨盤内の一番下にある子宮や膀胱が下がってしまうのです。
ひどい場合は手術が必要になることもあります。
なので産後は骨盤を締めて、骨盤底筋を鍛えていく必要があります。




4.腰痛などの症状が悪化or出てしまう

産後は腰痛などの症状が出やすくなります。
もちろん抱っこなど育児で体に負担がかかるということもありますが、これも骨盤の緩みやゆがみが原因になっています。

産後の骨盤は非常に不安定です。
出産で骨盤はボロボロになり、筋肉も落ちてしまっています。
そんな状態で骨盤を支えようと体中の筋肉が頑張りすぎてしまい、腰痛などの症状が出てくるのです。


関連:産後の腰痛


関連:産後の膝痛

関連:産後の股関節痛




 

5.尿もれの危険性が上がる

出産で多い症状が「尿漏れ」です。
これも出産で産道が広がる際に、骨盤底筋が伸びたりして緩くなるのが原因です。
この骨盤底筋は尿道を締める役割もしています。
なのでこの筋肉を締める必要があるのですが、骨盤を締めることでより筋肉も引き締まりやすくなるのです。


関連:産後の尿漏れ


 


 

骨盤矯正はいつまでにすればいい?



結論から申しますと、早ければ早いだけいい。

カイロプラクティックの本場アメリカですと
産後2週間から矯正を開始します!
 

産後の歪みを
放っておいても勝手に戻ることはありません。

その間、正しい姿勢で過ごしながら骨盤矯正を行うことで、体型がもとに戻りやすくなります。

一応、不安な方は1か月検診が終わって異常がなければご来院ください。

帝王切開の方は、傷口が痛むと思いますので、産後2か月から来られるママは多いです。

産後6ヶ月を過ぎてしまうと、ゆがんだ骨盤と内臓の冷えにより、脂肪がつきやすくなります。
また、妊娠中や授乳の姿勢が原因で、骨盤がさらにゆがんでしまうことも。

ですが、安心してください!

 

産後6ヶ月を過ぎても骨盤矯正は可能です。

6ヶ月までに骨盤矯正続けてる方よりは、治るスピードは遅くなりますが、不可能では全然ありません。



産後はあなたが思っているよりも骨盤はボロボロになってしまってます。
産後の骨盤矯正を始めるのに適しているのは、産後6ヵ月以内が理想とされています。
ですが、6ヵ月過ぎても十分改善は可能です。
しっかりと骨盤ケアをして、痛みのないキレイな身体を取り戻しましょう!







当院が行う、産後骨盤ケア
 

産後の骨盤矯正

京都中丸整体カイロプラクティックの産後の骨盤矯正は、妊娠中に開ききった骨盤を元の正しい位置に矯正し、骨盤の開きを閉めて
妊娠前からよくない生活習慣などで生じた歪みやズレを整え全身の骨格バランスも調整し体全体のポテンシャルをあげます。

そうする事で、産後に現れやすい腰痛、肩こり、股関節痛、膝痛などの症状を緩和させることができ、産後のお身体をトラブルなく健やかに生活できるように産後のケアをさせて頂きます。
また、脊椎の歪みや全体のハリ神経圧迫を取り除く事により自律神経のバランスがとれ産後のうつや産後のイライラも解消されて健やかな育児に望めるようになってきます。


 
京都市南区の産後ママとの写真
向日市の産後ママとの写真
京都市南区の産後のママとの写真
京都市西京区の産後のママとの写真

→ 口コミをもっと見る



他にも、

体重が減った!
産前のズボンが履けるようになった!
妊娠前より体調が良くなった!
便秘が解消された!
むくみが解消された!
生理痛がなくなった!
生理不順がなくなった!


と、現場でお聞きしております!



今、産後の方や出産後一度も産後ケアをしておられない方
一度、たくさんの産後ママにご来院いただいている京都中丸整体カイロプラクティックにご来院下さい。


< 産後の骨盤矯正いつから始めるの  |  一覧へ戻る  |  生理痛・生理不順 >

カテゴリ:

まずはお気軽にお問い合わせください

〒615-8103
京都府京都市西京区川島六の坪町63-6
バンブーシュート洛西口Ⅰ203号室

075-925-5075

お問い合わせ