HOME > 施術について > 症例集 > 産後の腰痛

施術について

< 産後の股関節の痛み  |  一覧へ戻る  |  乳腺炎やお乳のつまりでお悩みの方 >

産後の腰痛

西京区の産後腰痛 整体カイロプラクティック院京都中丸整体カイロプラクティックです。



産後の腰痛に悩まれているお母さんは、少なくないとおもいます。
腰が痛くても家事や育児は持ってはくれず日々続いていきます。
妊娠前は腰痛なんてなかったのに産後、突然腰痛になってしまった方や歩くことさえままならない方など京都中丸整体カイロプラクティックには大小さまざまな腰痛を訴える方々がご来院されます。



ではなぜ、今まで何ともなかった腰が産後急に痛くなってしまったのか??


もちろん、家事や育児や出産中での腰にかかる負担もおおいにあります。

しかし、
出産するために、関節を緩めるホルモン(リラキシン)

出産という大きい負担が身体にかかり
歪んだ産後の骨盤。


これこそが最大の原因といえます。




産後の腰痛、女性ホルモンのリラキシンの影響
お母さんの骨盤はリラキシンというホルモンの働きで緩み大きく開くことによって、赤ちゃんがスムーズに産道を通れるように手助けしています。
このリラキシンの働きは産後6ヶ月頃まで残っていて、徐々にリラキシンの働きは減ってきます。

骨盤に歪みが生じると骨盤のみではなく背骨にも歪みが生じます。
そして周りに付いている筋肉も同様に歪みます。

産後腰痛の出た方で大体の方が脊柱(背骨)の下の方の筋肉や骨盤のお尻側の所に痛みが出ているのではないでしょうか??
これは骨盤と背骨の歪みにより、筋肉に負担やストレスがかかっている為です。
そして骨盤が開くことにより骨盤のお尻側の関節部分に痛みが生じるのです。
背骨や骨盤の歪みをとり、骨盤を締める事により腰痛など不快な症状を改善することができます。


骨格の歪みから痛みへ繋がります


産後の坐骨神経痛

産後の腰痛で多いのが坐骨神経痛です。
症状としては腰、お尻、足などに出る痛みやシビレです。
坐骨神経痛は椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などから併発されることが多いですが産後の体にも現れることが多いです。
原因としては、上記のように女性ホルモンの働きで関節が緩み、骨盤や脊柱(背骨)が歪むことにより腰から足先まで通っている坐骨神経に異常が出ることで引き起こされます。
骨盤や背骨を正常な位置に戻してあげることにより痛みやシビレは改善します。





当院が行う産後の腰痛の施術


京都中丸整体カイロプラクティックでは、
産後の腰痛調整
(骨盤の歪みを矯正し、開いた骨盤を元の位置に戻します)

出産中の痛みに耐えて張った筋肉を緩めて調整

施術後は、骨盤が開きにくいようにエクササイズや開きやすくしている筋肉のストレッチ、歪みにつながる癖などのアドバイス、小さいお子さんがいるからこその動作の注意点などを教えさせて頂いております。

骨盤矯正は、今まで歪みのクセがついてしまったお体に本来あるべき正しいクセをつけていきます。
歪みの大きさにより個人差はありますが体が正常な位置に戻っていくにつれ、痛みも徐々に軽減していきます。
一度の矯正で痛みが全くなくなる方もたくさんおられますが、痛みの再発防止、健康維持のためしっかりとスケジュールを決めてやっていくことが望ましいです。



< 産後の股関節の痛み  |  一覧へ戻る  |  乳腺炎やお乳のつまりでお悩みの方 >

カテゴリ:

まずはお気軽にお問い合わせください

〒615-8103
京都府京都市西京区川島六の坪町63-6
バンブーシュート洛西口Ⅰ203号室

075-925-5075

お問い合わせ