HOME > 施術について > 症例集 > 分離すべり症

施術について

< スポーツを楽しんでいる方への整体カイロプラクティック  |  一覧へ戻る  |  手根管症候群 >

分離すべり症

分離症・すべり症の図
脊椎分離症は、激しい運動をしている成長期の子供によくみられます。激しい運動により脊柱、特に下部腰椎に多くの負担がかかった結果、疲労骨折を起こし椎体の後面にある椎弓板が椎体と離れてしまった状態です。



 

 
腰椎分離・すべり症の特徴



・鈍く重い痛み
 
・下肢に痛みやしびれを伴うことがある
 
・普段は痛みがなく運動時のみ、痛みが出る
 
・長時間同じ姿勢をしていると痛む
 
・腰を反らすと痛みが強くなる
 



 
腰椎分離・すべり症の原因



分離とすべりの説明画像
分離症は下部腰椎、特に第5腰椎によくみられます。小中学生のうちに発症することが多く、原因は疲労骨折と考えられています。すぐに痛みが出ないケースも多く、高校生になって激しく動くようになって腰痛を発症する場合もあります。関節の構造上、反らす動作や捻る動作は負担が大きく、繰り返しの負荷によって椎体と関節をつなぐ椎弓という部分にヒビが入ってしまいます。

 
すべり症は、椎体の支持性の低下、椎間板の老化によって起こると考えられています。
すべり症は、女性に多く、その大部分が第4腰椎です。




 
 
腰椎分離・すべり症に対する施術


京都中丸整体カイロプラクティックが、
腰椎分離・すべり症に行うケアは、
分離症やすべり症を起こしている関節への負担を軽減させる施術を行います。
レントゲンの上での変化はほとんど見られませんが、この施術により症状の改善は十分に期待できます。
腰椎の前弯が増加すると症状が悪化する傾向が強いため、深部の筋肉を整えバランスを維持するための
ストレッチやエクササイズを指導していきます。
 

< スポーツを楽しんでいる方への整体カイロプラクティック  |  一覧へ戻る  |  手根管症候群 >

カテゴリ:

まずはお気軽にお問い合わせください

〒615-8103
京都府京都市西京区川島六の坪町63-6
バンブーシュート洛西口Ⅰ203号室

075-925-5075

お問い合わせ