HOME > 施術について > 症例集 > 手根管症候群

施術について

< 分離すべり症  |  一覧へ戻る  |  肘部管症候群 >

手根管症候群

手根管とは、手のひらの手首に近い部分で神経・血管・筋肉の腱が通っています。この部分が何らかのきっかけで狭くなると、そこを通る組織が圧迫され痛みやしびれを引き起こします。痛みが上に上がることは少なく、症状は主に手のひらに現れます。

 
 
手根管症候群の特徴
 
痺れの範囲としては親指から薬指までに現れ、
特に人差し指と中指に強く出ます。症状が進行すると手の筋肉が痩せ衰えていきます。就寝時や起床時に痛みが強く現れ、寝ていても目が覚める事が多くなります。
 
 
手根管症候群の原因
 
手を酷使することによって手首の筋肉や腱などが緊張し、神経を圧迫して痺れが現れます。
その他にも、手首の関節に歪みが起こることで手根管を圧迫し、症状が現れることもあります。
そして、妊婦さんや更年期の女性に起きる事が多いことから、女性ホルモンの変化も関係があるとされています。
 
 
当院が行う手根管症候群に対する施術
 
京都中丸整体カイロプラクティックが、
手根管症候群に行うケアは、
手根管が圧迫されている要素を取り除くことが施術の目的になります。
手首は8つの小さな骨が存在し、それらに歪みや可動域制限があれば矯正を行います。
また、手根管内を通過する腱や筋肉に緊張があれば緩和操作を行います。その他にも、身体全体のバランスを整え手首にかかっている負担を軽減することも重要です。
手首及び、手首周辺の筋肉の柔軟性を維持し、
同時に骨格の変位や可動域制限を取り除くことが手根管症候群には大切であると言えます。

< 分離すべり症  |  一覧へ戻る  |  肘部管症候群 >

カテゴリ:

まずはお気軽にお問い合わせください

〒615-8103
京都府京都市西京区川島六の坪町63-6
バンブーシュート洛西口Ⅰ203号室

075-925-5075

お問い合わせ