HOME > 施術について > 症例集 > 肘部管症候群

施術について

< 手根管症候群  |  一覧へ戻る  |  胸郭出口症候群 >

肘部管症候群


肘の痛みや、薬指や小指のしびれ・うずくような痛み、薬指や小指の筋力低下、
冷えなどでお困りではありませんか??

このような症状が出ている方は、肘部管症候群かもしれません。




肘部管症候群とは?

 


肘部管 画像
肘部管症候群とは、何らかの原因で肘部管内圧が上がり、中を走る尺骨神経が圧迫されて引き起こる疾患のことです。

肘には『肘部管』と呼ばれるトンネルがあります。

その中を小指と薬指の感覚と、指を伸ばしたり閉じたり開いたりする手指の筋肉を支配している尺骨神経が通ります。

この部分は障害されやすく、圧迫や伸張などで尺骨神経が障害され、尺骨神経麻痺が起こります。





肘部管症候群の原因

 


肘の外傷(肘関節脱臼、骨折、変形性肘関節症、野球肘)などによって尺骨神経が圧迫や牽引されて
発生すると考えられています。

肘の内側を軽く叩いて、小指と薬指に電気が走るようなしびれがあれば、肘部管症候群の可能性があります。
進行が進みひどい場合だと、かぎ爪指変形(鷲手)になります。






当院が行う肘部管症候群の施術

 


いつからなったのか?どういった時に痛むのか?どのような動きで症状が現れるのか?など細かく問診をさせていただき、肘の関節の働きを左右評価しながら、関節の可動域や筋肉、腱のコンディションの改善を図ります。
肘の痛みは肘の調整だけでも症状が取れることがありますが、治りが悪いときは肩や前腕、手首など上肢帯に関連する部位の施術を行う必要があります。

なかなか治らない肘の痛みをお持ちの方は、
京都中丸整体カイロプラクティックにご相談下さいね!


 

< 手根管症候群  |  一覧へ戻る  |  胸郭出口症候群 >

カテゴリ:

まずはお気軽にお問い合わせください

〒615-8103
京都府京都市西京区川島六の坪町63-6
バンブーシュート洛西口Ⅰ203号室

075-925-5075

お問い合わせ