HOME > 施術について > 症例集 > 椎間関節症

施術について

< 背中の歪み  |  一覧へ戻る  |  群発性頭痛 >

椎間関節症


椎間関節症の画像

脊柱の後面にある椎間関節にストレスがかかり、様々な症状を引き起こすことを椎間関節症候群と言います。

この障害は腰を反らせると、関節が圧迫を受け痛みを引き起こします。

女性が高いヒールの靴を履いた時に腰の痛みを訴えることがありますが、椎間関節に負担がかかっているケースが多いです。





 
 
椎間関節症の特徴


・腰を反らせたり捻ると痛みが強くなる

・長時間立つと辛くなる
 
・腰を丸めて伸ばすと楽になる
 


 
椎間関節症の原因
 


背骨の左右の歪みや前後の湾曲の増加、または外部から大きな力が加わることにより、椎間関節の圧迫が強まると発症します。その結果、周囲の筋肉が過緊張状態になり、障害を受けた部位の神経に刺激が加わり、痛みやしびれを引き起こします。腰部では反り腰気味の人に多くみられます。



 
 
椎間関節症に対する施術
 


京都中丸整体カイロプラクティックが、
椎間関節症に行うケアは、
椎間関節にみられる可動域制限や周囲の筋肉の緊張を確認し、原因となっている部位を特定します。その上で機能異常のみられる関節へは矯正を加え、必要に応じて筋肉への緩和操作を行います。反り腰など筋肉のアンバランスにより症状が再発しやすい場合は、エクササイズやストレッチを指導し姿勢の改善を取り入れます。
 

< 背中の歪み  |  一覧へ戻る  |  群発性頭痛 >

カテゴリ:

まずはお気軽にお問い合わせください

〒615-8103
京都府京都市西京区川島六の坪町63-6
バンブーシュート洛西口Ⅰ203号室

075-925-5075

お問い合わせ