HOME > 施術について > 症例集 > 群発性頭痛

施術について

< 椎間関節症  |  一覧へ戻る  |  頸椎椎間板ヘルニア >

群発性頭痛

群発性頭痛で痛む人 画像

 

群発性地震のように一定の期間に連続して起こる頭痛で、偏頭痛は女性に多いのですが、
群発性頭痛は、20〜30代の男性によく見られます。

昔は5倍くらい女性より男性に多かった群発性頭痛。

 

今は女性にも多くなりつつあり、男女比率は、男性3.5:女性1の割合まで増えています。
その背景には女性の喫煙率の上昇と生活習慣の変化にあります。

群発性頭痛は、
群発期が終わると痛みは治まりますが、数年周期で発作を繰り返し頭痛を引き起こします。
日常生活を送れなくなるほど強い痛みが特徴の一つです。

別名 自殺頭痛とも言われるくらい辛い痛みで耐え難い痛みとも言われております。
当院でも何人か群発性頭痛の患者様を診させております。





 

群発性頭痛の特徴



・20〜30代の男性に多い
 
・こめかみの痛み
 
・夜中や早朝に多い
 
・目の充血、鼻詰まり、まぶたの腫れなどを伴う場合がある
 
・片方の目の奥がえぐられるような痛み

・片側だけに頭痛がおこる

・一定期間に何回も痛みがでる

・痛くてじっとしていられない
 


それ以外の頭痛はこちら ⇒ 『緊張性頭痛』『偏頭痛(片頭痛)』『トリガーポイントによる頭痛





 
群発性頭痛の原因



群発性頭痛の原因は未だに解明されていません。
有力なのは目の奥にある内頸動脈が何らかの原因で拡張して起こるという考え方です。血管が拡張し炎症が起こり、目の周囲や目の奥、こめかみのあたりに痛みを引き起こします。また、自律神経が刺激されるので、涙が出る、鼻が詰まる、汗をかくなどの症状が現れることがあります。痛みが非常に強く、日常生活に支障をきたすことも特徴の一つです。



 
 
当院が行う群発性頭痛に対する施術



京都中丸整体カイロプラクティックが、群発性頭痛に行うケアは、
カイロプラクティックが群発性頭痛に対して有効であると断定することは難しいですが、
頸部の関節を整え自律神経を安定させることで症状に変化が現れる可能性は、十分にあります。
現に頻度や痛みの度合いがマシになられる方もおられます。症状が出なくなったという方もおられます。しかし、群発期と小康期を繰り返すため、長期的に経過を観察する必要があります。


 

< 椎間関節症  |  一覧へ戻る  |  頸椎椎間板ヘルニア >

カテゴリ:

まずはお気軽にお問い合わせください

〒615-8103
京都府京都市西京区川島六の坪町63-6
バンブーシュート洛西口Ⅰ203号室

075-925-5075

お問い合わせ