HOME > 施術について > 症例集 > 足根管症候群

施術について

< 鵞足炎  |  一覧へ戻る  |  足関節機能障害 >

足根管症候群



足首の痛みやしびれのことなら京都市西京区の京都中丸整体カイロプラクティックにお任せください。

内くるぶしの下にある足根管(腱と神経の通る管)が何らかの原因で圧迫されると、

中を通る脛骨神経が圧迫されて様々な症状を引き起こします。

 

この状態を足根管症候群といい、主に足首や足底、つま先に痛みやしびれが現れます。

 



 
足根管症候群の特徴

足首の内くるぶしにある足根管の中を通る血管や、腱、神経が圧迫を受け、足首周辺や足底に痛みとしびれを引き起こすのを特徴とします。
神経や血管の圧迫の受け方により、親指側に症状が出たり足の裏全体に症状が出たり、痛みの出方に変化が現れます。
 

 
足根管症候群の原因

足首の捻挫などの外傷、足の腱鞘炎や関節リウマチなどが原因です。足根管を通過する筋肉に拘縮(持続的に収縮している状態)が見られたり、浮腫や出血による瘢痕が生じると、神経を絞扼し発症する場合もあります。稀に、腫瘍により足根管症候群が発症するケースもあるため、鑑別が重要になります。

 
 
当院が行う足根管症候群に対する施術

京都中丸整体カイロプラクティックか
足根管症候群に対するケアは、
足の関節の動きを整え、関連する筋肉にアプローチを加えます。また神経の絞扼の状況により、
温冷療法などの物理療法を用います。
足にかかる重心位置を考えた姿勢改善や
ストレッチ・エクササイズを取り入れ、場合により靴選びのアドバイスも致します。

< 鵞足炎  |  一覧へ戻る  |  足関節機能障害 >

カテゴリ:

まずはお気軽にお問い合わせください

〒615-8103
京都府京都市西京区川島六の坪町63-6
バンブーシュート洛西口Ⅰ203号室

075-925-5075

お問い合わせ