HOME > 施術について > 症例集 > 腰椎椎間板ヘルニア

施術について

< 脊柱管狭窄症  |  一覧へ戻る  |  不妊治療は骨盤から >

腰椎椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアで苦しむ人 画像当院では、これまでにたくさんの椎間板ヘルニアの患者さんを施術してきました。
中には夜も眠れない程の激痛や歩けないほどの痛みを持った方たちをたくさん見てきました。
椎間板ヘルニアになってしまう原因、椎間板ヘルニアでの症状が改善する理論も熟知しているプロフェッショナルですので椎間板ヘルニアでお困りでしたら、当院の椎間板ヘルニアの施術について書きましたのでじっくりお読みください。

 




腰椎椎間板ヘルニアとは?
 


ヘルニアの画像
背骨の椎体間にあるクッションを椎間板といいます。何らかの力学的ストレスがかかり脹れたり、中の髄核が飛び出した状態を椎間板ヘルニアと言います。

腰椎椎間板ヘルニアの場合、症状は片側の腰からお尻、太もも裏などの痛みやしびれが多いのが特徴ですが、
真後ろに突出したヘルニアの場合、両側で症状がでてくるケースもあります。

下肢痛は、椎間板ヘルニアによる神経根の圧迫によりでてくるものが多いです。
一般的に言われているのは、腰椎の4番目と5番目の間から椎間板が出ているケースでは、腰椎5番目に関連する症状が出ます。


腰痛の他、下肢の疼痛やしびれ場合によっては大きな浮腫みまで見られ足が上がらないくらい重くなるなどの自覚症状に加え、障害された神経の支配領域に感覚の障害が出たり、運動神経の麻痺による筋力低下を起こすこともあります。

馬尾神経を圧迫しひどい場合だと、排尿排便障害を起こすこともあります。
また巨大なヘルニアですと、脊柱管狭窄症と似た症状として間欠性跛行(数分で歩けなくなる、立ち止まったり座ったりすると楽になって又、歩ける)のような症状が出る方もいらっしゃいます。

しかし、激しい腰痛や足のしびれがあってもヘルニアを確認できなかったり、腰に痛みが全く無くてもヘルニアが確認できることもあり、ヘルニア=腰の痛みとは限りません。





椎間板ヘルニアの特徴
 



・朝起きた時に痛みやすい
 
・前に屈むと痛みが増悪する
 
・トイレで力んだり、くしゃみをすると痛む
 
・腰痛に加えてお尻、大腿後面、ふくらはぎ、足の甲などが痺れる
 
・腰痛は全くなく、下肢の痺れのみ発症する

・腰が常に重たい、痛い

・突っ張るような痛みがある

・常にしびれている

・お尻から太もも裏にかけて痛みがある

・立っていても座っていても痛い

・片足だけ冷えている感じがする

・歩くと数分で痛くなり休憩しないと歩けない

・排尿排便障害がでてきている

・手術をしたがすぐに痛みが再発した

 
 
など、こういった方たちが当院に来院されます。




 
椎間板ヘルニアの原因
 


椎間板への圧力が、過剰に高まることにより発症します。
ギックリ腰や慢性腰痛が引き金になることが多く、椎間板に捻れが加わると悪化します。
若い時に発症すると重症化することが多いですが、加齢により椎間板のクッション性が低下しても発症しやすいです。

30〜40代のデスクワーカーに生じるケースが最も多いです。

どこに行けばいいかわからないお悩みのあなたも気軽に当院まで一度ご相談下さい。




 
当院が行う腰椎椎間板ヘルニアに対する施術
 


ヘルニアになった人の下肢チェック 画像
京都中丸整体カイロプラクティックが、
椎間板ヘルニアに行うケアは、
痛みが出ている本当の原因をしっかり検査をし、
高まった椎間板への圧力を減少させる施術を進めます。
身体のバランスが悪いことによって椎間板に負担がかかっている場合もよくあります。
また、大きな原因が股関節にあったというのも珍しくありません。
骨格的な歪みや関節の機能異常、姿勢の悪さを解消していくことが必要になり、定期的に施術を加えると徐々に緩解します。
徐々が安定した後は、再発防止のために自宅でできる簡単なエクササイズやストレッチをご指導させていただきます。
施術と同じくらいエクササイズやストレッチは重要になってきます。

これまでも、手術をしたがすぐに再発された方やどこに行っても改善されなかった椎間板の症状が良くなられた方がたくさんいらっしゃいます。

不安だとは思いますが、分からないことは何でもご相談下さい。



 

< 脊柱管狭窄症  |  一覧へ戻る  |  不妊治療は骨盤から >

カテゴリ:

まずはお気軽にお問い合わせください

〒615-8103
京都府京都市西京区川島六の坪町63-6
バンブーシュート洛西口Ⅰ203号室

075-925-5075

お問い合わせ