HOME > 施術について > 症例集 > 変形性股関節症

施術について

< 腰椎・仙腸関節機能障害  |  一覧へ戻る  |  殿部痛 >

変形性股関節症



先天的な股関節の異常やスポーツなどでの
オーバーユース、加齢によって股関節の関節臼が変形すると同時に股関節に負担がかかり、
痛みを引き起こします。

主に鼠径部に痛みを感じることが多いですが、股関節には様々な筋肉が作用しているので足の付け根や殿部に痛みが出ることもあります。

 
 


 

変形性股関節症の特徴
 


50代の女性に発症する傾向が強く、歩行時や長時間の座位で鼠径部から殿部に鈍い痛みを生じさせます。レントゲンでは関節腔の狭窄や関節面の変形などが認められ、状態が悪化すると股関節の著しい可動制限が現れます。その結果、人口骨頭置換の手術にいたるケースも少なくないです。




 
変形性股関節症の原因
 


先天性股関節形成不全、スポーツでのオーバーユース、デスクワークなどの慢性的な負担などにより、股関節への負荷が長期に渡ると発症します。
股関節の関節面が変形するため可動性が悪化し、炎症を引き起こしやすくなります。女性の方が関節周囲の靭帯の支持性が弱く、さらに骨密度の低さにより骨変形をおこしやすいため、発症率が高くなります。
 



 
変形性股関節症に対する施術
 


京都中丸整体カイロプラクティックが、
変形性股関節症に行うケアは、
股関節周囲の筋肉に緩和操作を加え、股関節の可動性を改善させるカイロプラクティックアプローチを行います。
さらに、骨盤から脊柱にかけても矯正を加え、股関節へ加わっている負担を軽減させます。
可動域の低下が著しい場合は、無理のない範囲で関節へ、モビリゼーションを加え、徐々に可動域を回復させていきます。
必要に応じて、ストレッチやエクササイズを取り入れ、バランスを整えるように進めます。

 

< 腰椎・仙腸関節機能障害  |  一覧へ戻る  |  殿部痛 >

カテゴリ:

まずはお気軽にお問い合わせください

〒615-8103
京都府京都市西京区川島六の坪町63-6
バンブーシュート洛西口Ⅰ203号室

075-925-5075

お問い合わせ