HOME > 施術について > 症例集 > 坐骨神経痛

施術について

< 足のしびれ  |  一覧へ戻る  |  脊柱管狭窄症 >

坐骨神経痛


坐骨神経痛のことなら、
京都市西京区【洛西口・桂川】の整体院
京都中丸整体カイロプラクティックへ



 
誰もが一度は経験した事のある、そのくらい現在では、頻度の多いと言われている腰痛の一つ『坐骨神経痛』です。
人によっては、症状の度合いに差がありますが中にはお尻や足に痛みやしびれを伴う方もいらっしゃいます。




坐骨神経痛とは




坐骨神経痛とは、腰から足にかけて流れる神経『坐骨神経』が様々な原因によって圧迫・刺激されることで現れる、痛みやしびれるような痛みなどの症状のことを指します。

多くの場合は、腰痛に引き続いて発症し、次にお尻や太ももの後ろ、すね、足先などにも痛みやしびれるような痛みが現れます。


坐骨神経痛で痛みが出やすい部分








坐骨神経痛の原因



年齢が若い方だと、腰部椎間板ヘルニアや梨状筋症候群が原因に多く
高齢者ですと、脊柱管狭窄症が増えてきます。

腰部の脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニア、梨状筋症候群ともに神経が圧迫され、足にしびれや痛みを引き起こします。



梨状筋症候群

骨盤の真ん中にある仙骨という三角の形をした骨と太ももの骨の大腿骨を結ぶ筋肉です。
お尻の筋肉は何層も重なっており、梨状筋はその深いところにあります。
坐骨神経はこの梨状筋の近くを通っており梨状筋が緊張すると坐骨神経を圧迫し、坐骨神経痛を引き起こしてしまいます。



腰痛椎間板ヘルニア

腰椎は5個の骨からなり、骨と骨の間に椎間板というクッションが衝撃を和らげ、ゼリー状の髄核という物質が中に入っております。
この髄核が外部のストレスにより脱出してしまうと近くにある神経に触れてしまい、しびれを引き起こすことがあります。
これが腰椎椎間板ヘルニアです。



腰部脊柱管狭窄症

椎体という背骨の連なりには構造上空洞が存在し、その中を血管や神経が走っています。
椎体の変形や椎間板、靭帯の膨張により中の神経を圧迫しシビレが出現します。
休みながら歩くと楽になる間欠性跛行がでます。
これが腰部脊柱管狭窄症です。



これらが発症することにより坐骨神経痛を併発することが多くなります。





坐骨神経痛の症状




坐骨神経痛は、中高年に多くみられ、お尻や太もも、すね、ふくらはぎのハリ、鈍い痛みやしびれるような痛みなどの症状が現れます。



座っていても足が激しく痛む

寝返りをするとお尻や足が激しく痛む

休みながらでないと歩けない

身体をかがめると痛く靴下がはけない

立っていると足が痛んできて立っていられない

 
などの症状があらわれます。






当院での坐骨神経の施術




まず何が原因で坐骨神経痛を起こしているかをしっかり検査し見極めます。

症状が強く出ている方の状態を見ると体が歪んでいる方が多くいらっしゃいます。
歪みが出ると、筋肉を引っ張ってしまったり神経を圧迫してしまうので正しい姿勢に戻れば圧迫感も緩和できます。
症状が出ている箇所はもちろんですが、上記にもあげたように痛いところの原因は他の思わぬ場所にある事が多いのです。

なので、広範囲での施術をし、身体全体のバランスを整えていきます。
それが根本から改善する施術になることがあります。

上記にあげた筋肉の梨状筋は、何層にも重なっているお尻の筋の深部に存在します。
京都中丸整体カイロプラクティックでは、PRTや筋膜リリースやMETといった深部の筋肉にアプローチをするテクニックを使うことで効果的に緩める事ができます。

症状の状態によっては、治るのに時間がかかる場合がございます。
ですので、しっかりとスケジュールを組んで計画的に治していきましょう。
病院や接骨院など局所の施術でなかなか状態が変わらない、そのような方は一度当院までお問い合わせ下さい。


 

< 足のしびれ  |  一覧へ戻る  |  脊柱管狭窄症 >

カテゴリ:

まずはお気軽にお問い合わせください

〒615-8103
京都府京都市西京区川島六の坪町63-6
バンブーシュート洛西口Ⅰ203号室

075-925-5075

お問い合わせ