HOME > 施術について > 症例集 > 肘の痛み

施術について

< 腱鞘炎  |  一覧へ戻る  |  四十肩・五十肩 >

肘の痛み

肘の痛みでお困りの方 京都市西京区の整体・カイロプラクティック院 京都中丸整体カイロプラクティックです。

肘の痛みでお悩みの方京都市西京区の整体院【京都中丸整体カイロプラクティック】へ


肘の痛みや肘の症状にも様々なものがあります。
日常動作での何気ない肘の痛み、曲げ伸ばしに伴う肘の違和感、買い物袋を持った時に感じる肘の内側の痛み、ゴルフやテニスなどスポーツに伴う痛みや、肘を下にして寝た時の肘の痛みなど様々です。





肘の関節の解剖






腕尺関節、腕橈関節、上橈尺関節の3つの関節で構成されていて、複合的な関節を包むようにひとつの関節包と周囲の靭帯によって強化されています。肘の曲げ伸ばしをする筋肉だけでなく、肩や指を動かす筋肉の多くも肘の周辺に付着しています。その為、肘を直接傷めてしまうケースだけではなく、肩や手首の問題がきっかけで肘に痛みが起こる事もあります。

先程お伝えした中でも特に、ゴルフやテニスなどスポーツで肘を痛める場合は多く、それ以外では繰り返しの動作によって発症するケースもみられます。

肘の関節に痛みがある場合どこに原因があるのかしっかりと検査することが改善への近道です。

 
よくある肘の痛みや肘の症状はたくさんありますが代表的なものでは、以下のようなものがあります。




 
肘の痛みの種類と原因


 
テニス肘とは、ストロークを繰り返し行う事で生じる肘の痛みです。インパクト時の衝撃が手首を動かす筋肉の付着部に加わり、微細な損傷を引き起こし発症します。前腕の筋肉の柔軟性が低下していると生じやすく、30代後半から50代に多くみられます。

 
 
ゴルフ肘はスイング時に肘や手首に負担がかかり、筋肉の付着部である肘の付け根に痛みを発症するものです。スイングの問題や身体全体のバランスの悪さによって肘に負担がかかるケースと、誤って地面を打ってしまった時などに起こるケースがあります。テニス肘と同じく、前腕の筋肉の柔軟性が低下している場合が多いです。
 

 
野球肘は小学校から高校生に好発し、主に投手に多くみられる障害です。投球過多やオーバーユースによって引き起こされ、多くの場合は腱や靭帯を痛めます。また成長期で骨が完全に固まっていない時期に発症くると、骨変形を伴う場合もあります。




小指と薬指の感覚と、指を伸ばしたり閉じたり開いたりする手指の筋肉を支配している尺骨神経が、肘の内側の肘部管というトンネルで圧迫や引き伸ばしを受けて小指にしびれなどが起こります。





当院の肘関節の施術
 


肘の矯正 画像
肘の関節の働きを評価しながら、関節の可動域や筋肉、腱のコンディションの改善を図ります。
肘の痛みは肘の調整だけでも症状が取れることがありますが、治りが悪いときは肩や前腕、手首など上肢帯に関連する部位の施術を行う必要があります。
局所をケアしても治らないときには、頚椎や肩が関連して、肘の症状の原因となっている場合がございます。

詳しくは、上の症状の所をタップしてじっくりお読みください。

なかなか治らない肘の痛みやしびれなど
気になる症状をお持ちの方は、京都中丸整体カイロプラクティックにお気軽にご相談下さいね!

 



京都中丸整体カイロプラクティック

京都市西京区川島六ノ坪町63-6 バンブーシュート洛西口Ⅰ 203号
阪急洛西口から徒歩3分以内、JR桂川駅から徒歩10分 駐車場1台有

営業時間

 
 
月曜~金曜:11時~最終受付20時
土日祝:9時~最終受付19時

定休日:不定休

 

< 腱鞘炎  |  一覧へ戻る  |  四十肩・五十肩 >

カテゴリ:

まずはお気軽にお問い合わせください

〒615-8103
京都府京都市西京区川島六の坪町63-6
バンブーシュート洛西口Ⅰ203号室

075-925-5075

お問い合わせ