HOME > 施術について > 施術テクニック > ターグルリコイルテクニック

施術について

< 筋膜リリース  |  一覧へ戻る  |  SOT >

ターグルリコイルテクニック

ターグルリコイルテクニックとは?
『ターグルリコイルテクニック』は、別名『ホール・イン・ワン』とも呼ばれる施術法で、首の骨の一番上にある「アトラス」という部分だけを矯正するテクニックです。
そのアトラスは、24個の背骨の中でも一番上の位置に存在します。そのため、脳にもっとも近く様々な症状に関与していると言われています。

例えば、めまいや立ちくらみといった一見首とは関連がなさそうな全身症状や、頚椎内を通る血管や神経に関わる症状なども、このアトラスの異常から来る場合があります。
ですので、アトラスは脳や神経、血管といった体の重要な組織や器官に関係している部位です。そのためターグルリコイルテクニックは非常に難しい技術であり、熟練した技術の持ち主でなければ施術は困難です。
・頭痛   ・疲れ目  ・めまい、立ちくらみ
・耳鳴り  ・ムチウチ  ・寝違え、首が回らないなど      ・顎関節症や顎の痛みや開かないなどの違和感
などの、頭や首などにみられる症状に特に効果があります。

ターグルリコイルテクニックの施術
アトラス(首の一番上の骨)は、その位置や形状から、横方向からのみ触れることができます。そのため、基本的に施術は横向きで寝てもらう姿勢で矯正を行います。
矯正には、軽い力をかけますが、周囲を筋肉などで覆われていますので、その部分に少し痛みを感じることがあります。
ターグルリコイルテクニックをすることによって、頚椎の歪みの改善だけでなく、その周りにある筋肉などの組織のバランスも整えることが期待できます。

< 筋膜リリース  |  一覧へ戻る  |  SOT >

カテゴリ:

まずはお気軽にお問い合わせください

〒615-8103
京都府京都市西京区川島六の坪町63-6
バンブーシュート洛西口Ⅰ203号室

075-925-5075

お問い合わせ