HOME > 施術について > 症例集 > 変形性頚椎症

施術について

< 胸郭出口症候群  |  一覧へ戻る  |  足のしびれ >

変形性頚椎症

首の痛みの事なら、京都市西京区の整体・カイロプラクティック院 京都中丸整体カイロプラクティックへ

変形性頸椎症の人の画像

関節が加齢や持続的な負荷によって変形すると骨棘が形成されます。
変形性頚椎症は、この骨棘による刺激で痛みや痺れを発症します。症状としては首の痛みや手の痺れが多くみられます。




 
 
変形性頚椎症の特徴
 


首や肩こりに始まり、痛みや手の痺れと症状が悪化していきます。
骨棘の大きさにより症状の程度が決まるわけではなく、関節圧迫の状態により痛みの程度は変わります。
50〜60代に発症することが多いです。

変形性頸椎症の特徴 画像




 
変形性頚椎症の原因
 


加齢や持続的な負荷の長期化により、発症するケースが多いです。
不良姿勢など、バランスの崩れによって変性の起こっている部位に負担がかかると症状が起こりやすくなります。
また交通事故やスポーツ外傷など、受傷歴のある方は、40〜50代で発症しやすくなります。





 
当院が行う変形性頚椎症に対する施術
 


京都中丸整体カイロプラクティックが変形性頚椎症に行う施術は、
関節の変形部分にかかる負担を軽減される施術を行います。
全身の歪みを整え筋肉の緊張を緩和することで、頸部にかかる負担が少ない正しい姿勢を作ります。
施術により骨棘が無くなることはありませんが、症状の緩和は十分に望めます。



 

< 胸郭出口症候群  |  一覧へ戻る  |  足のしびれ >

カテゴリ:

まずはお気軽にお問い合わせください

〒615-8103
京都府京都市西京区川島六の坪町63-6
バンブーシュート洛西口Ⅰ203号室

075-925-5075

お問い合わせ