HOME > 施術について > 症例集 > 産後のぽっこりお腹と尾骨の痛み

施術について

< 産後の尿漏れ  |  一覧へ戻る  |  産後骨盤矯正の通院回数と間隔 >

産後のぽっこりお腹と尾骨の痛み

京都市西京区の産後骨盤矯正整体カイロプラクティック院 京都中丸整体カイロプラクティックです。



産後様々な体の不調や体型の変化にお悩みのことと思います。


産後の骨盤の歪みと言っても、骨盤の開きだけではなく骨盤の左右の高さが違うことによるくびれの位置の変化や骨盤の角度がかわってしまったために起こる反り腰など色々です。



産後体重は、もどっているのにお腹は出たままになっている、、、産後仰向けで寝たり、床に座っていると妊娠前は当たらなかった尾骨が当たって痛む、、など、これらの事は骨盤が前傾してしまうことにより、多く見られます。


では、何故骨盤が前傾してしまうのでしょう??


それは、妊娠中の体勢に関係しています。

妊娠中お腹が大きくなるにつれ、お母さんはお腹の重みを支えようと無意識に体を反らせる癖が付きます。

上体を反らせる事により、反り腰になり骨盤は前傾してしまうのです。
産後もこの癖が付いたままだとお腹がぽっこりでてしまったり、尾骨が後ろに突き出されて痛みの原因になります。


上の図の3のように、左側の前傾した骨盤を正常な角度に戻す事でぽっこりお腹や尾骨痛は改善します。

ちなみに、余談ですが右の図は後傾した骨盤でギックリ腰の原因にもなりますし、お尻が垂れたり、背中が丸くなりますがこれも正常の角度に戻す事で改善できます。




骨盤の前傾と股関節の関係




股関節が固いと、骨盤が前傾し反り腰になりやすくなります。
妊娠→産後とホルモンの影響で関節は柔らかくなるのですが妊娠中の筋力低下、重たくなる体の負担、妊娠中の姿勢などにより股関節の前側が固くなる方がおおいです。
前側が固くなると骨盤が引っ張られるので骨盤の前傾がひどくなりそれまでの姿勢のクセと重なって反り腰がひどくなります。
産後の方は、ご自身で確認されても分かるくらい反り腰が目立つ方が多いですが、見た目だけでなくこれが原因で産後の腰痛などに繋がる方も少なくありません。




当院が行う産後のぽっこりお腹と尾骨の痛みの施術




京都中丸整体カイロプラクティックでは産後に前傾した骨盤を整え、尾骨の角度を変えていきます。

仙骨、尾骨を微調整し、骨盤を正常な角度に変えていきます。

必要であれば、骨盤を閉めてさらに骨盤の安定性を高めていきます。

正しいクセをつけていくことが大切です。

矯正は今まで歪みのクセがついてしまったお体に本来あるべき正しいクセをつけていきます。
歪みの大きさにより個人差はありますが体が正常な位置に戻っていくにつれ、尾骨の痛みやぽっこりお腹も改善していきます。
一度の矯正で劇的に変化する方もおられますがクセのついていない状態だとまた徐々に歪みは生じます。
なので、しっかりスケジュールを決めて通院して頂くことをオススメします。

< 産後の尿漏れ  |  一覧へ戻る  |  産後骨盤矯正の通院回数と間隔 >

カテゴリ:

まずはお気軽にお問い合わせください

〒615-8103
京都府京都市西京区川島六の坪町63-6
バンブーシュート洛西口Ⅰ203号室

075-925-5075

お問い合わせ