HOME > 院長ブログ > 雑学・トリビア > 8つの老化のサイン!

院長ブログ

< 猫背がもたらす影響|桂川整体【京都中丸整体カイロプラクティック】  |  一覧へ戻る  |  セルフホワイトニングでアルツハイマー型認知症予防!!京都のセルフホワイトニングサロン >

8つの老化のサイン!





いくら気を若く保っていても、肉体の衰えは避けて通れないのが現実。初めての白髪を見つけてショックを受けたり、顔のたるみが気になり始めた人もいるでしょう。そんな「確実に忍び寄る老化のサイン8個」を紹介します


まずは、

1. 声が変化する



加齢で筋肉が衰えるのと同じく、声帯も弱くなるみたいで女性は高い声を出すのが難しくなるので声が低くなり、逆に男性の声は高くなるみたいで
。男性は、たかくなるとは、、、意外です。笑



2. 涙目になる



これはよく聞きますよね!60歳を峠に涙腺は細くなっていく。涙は悲しくなくても作られるので、細くなった涙腺からあふれてしまうのだ。お年寄りが、「最近、涙腺がゆるくて」とよく泣くのはこのせいで




3. 歯が長くなる



歳を取るにつれ肌にハリがなくなるように、歯肉の弾力性も低下する。そうなると歯周ポケットが深くなるので、歯が長く見える仕組みです。40歳から始まる歯茎の老化を防ぐには、しっかり歯茎をブラッシングしてデンタルフロス(糸ようじ)で汚れを取り除くことだそうです。



4. 酔いやすくなる



歳を取ると肝臓の機能も低下するのでアルコールを分解するのに時間がかかる。そのためアルコールが体内に残る時間が長くなり、酔いが回りやすくなるみたいです。



5. 耳と鼻が大きくなる



耳は軟骨で形成されている。軟骨は加齢で薄くなると皮膚を支える力が衰えるため、皮膚が垂れて耳が大きくなるのだ。耳と鼻は耳管(じかん)でつがなっているので、耳が下がると鼻も下に引っ張られ大きくなるのです。



6. くしゃみが増える



加齢と共に体の免疫が衰えるので花粉やホコリが原因のアレルギーにかかりやすくなる。そして、くしゃみの回数が増え、目のかゆみや鼻水などの症状が出るようになるのです。



7. イボが増える

40歳以降になってできるホクロらしきものは、「イボ」と呼ばれる。通常、色素過剰沈着が原因だと言われています。



8. 体重が増加



50歳を過ぎると、年に平均で1~1.5キロ体重が増加するそうだ。原因は新陳代謝の低下だけでなく、筋肉の減少に伴い脂肪を燃やす機能が低下するからである。しかし、歳を取っても筋肉をつける運動をすれば、太りにくい体になれます。


まとめ


20代の頃と同じとはいかずとも、タバコやお酒を控え健康的な食生活をするなど、心がけ一つで若さは保てるだろう。末永く元気でいられるよう、努力は続けたいものですね~。

以上ウンチクでした!





カテゴリ:

< 猫背がもたらす影響|桂川整体【京都中丸整体カイロプラクティック】  |  一覧へ戻る  |  セルフホワイトニングでアルツハイマー型認知症予防!!京都のセルフホワイトニングサロン >

同じカテゴリの記事

整形外科、整骨院・接骨院、整体院何が違うの?|京都市西京区整体【京都中丸整体カイロプラクティック】



肩こり、腰痛などの体の痛みが発生したとき、どこにかかれば良いのでしょうかと、
よく電話や京都中丸整体カイロプラクティックにご来院時に聞かれます!

このように聞かれて一般に思い浮かべるのは、接骨院・整骨院や整体院、カイロプラクティック、整形外科などでしょう。

では、上記の接骨院、整骨院、カイロプラクティック、整体院、整形外科などには、それぞれ
どう違うのでしょうか。

違いがあるとしたら、どのような違いがあるのかも気になるところですね。



実際、上記の院は、それぞれ全く異なります。そもそもの成り立ちも違いますし、適応症状も異なるので、症状によってどこにかかるかも検討しないといけません。
そこで、今回は、知っているようで日頃あまり意識されていない、「整形外科・接骨院、整骨院、整体院、カイロプラクティック
特徴と違い」について解説します。





整形外科

整形外科を見てみましょう。
整形外科とは、
医師が医療として、人の背骨・手足などの骨、関節、筋肉、脊髄、神経などの病気、外傷などを治療する医院です。

このように、整形外科は、医療の一部門であり、「医師が医療として施術する」というところに大きな特徴があります。


整形外科は、上記の項目でも述べたとおり、医師が医術として体の不調を改善してくれる医院です。当然健康保険を用いることも出来ますし、医師が医療として施術する以上、治療できる範囲も非常に広いです。

このように、整形外科は「医師が」「医術を用いて」というところが他の2つの機関と根本的に異なります。


整形外科にかかる症状としては、
急性期の足首の捻挫や骨折・肩や肘の脱臼のような怪我であったり、ぎっくり腰や寝違えなど、首や腰に痛みや椎間板ヘルニアが得意分野です。


整形外科は、その治療の特徴として、医師が医術として治療を行うのですから、レントゲン検査を用いた治療をすることができます。
さらに、医師ですから必要があれば手術もできますし、投薬も可能です。これらはすべて、柔道整復師には認められていないものです。

このよう
整形外科は、即時対応を要する症状の治療に向いています。
急性期の足首の捻挫や骨折・肩や肘の脱臼のような怪我であったり、ぎっくり腰や寝違え、首や腰に痛みや椎間板ヘルニアになってしまって、動くことすら困難になってしまっている場合や、関節の痛みなどがあって、レントゲン検査を受けたい場合、さらには骨折の可能性のある打撲や打ち身をした場合など、即時の処置が必要であったり、レントゲン・手術などの治療行為が必要な場合に向いています。

交通事故で言うと、事故直後の対応は整形外科にて診察を受けて対応してもらうべきと言えます。



※急性期とは、簡単に言うと『めちゃめちゃ痛いから大人しく寝ていなさい』という時期です。
 急性期を日にちに
すると、数日から~2週間ほどで終わります。

その期間以降は、慢性期。
慢性期は、接骨院・整骨院は、得意
分野ではなくなります。




接骨院・整骨院


まず、接骨院・整骨院とは一体どのような場所なのでしょうか。
前提として、接骨院と整骨院には、違いはありません。ネット上には「接骨院と整骨院は違う」などと書かれている記事が見られますが、間違いです。

接骨院整骨院です。




そして、接骨院・整骨院とは、「柔道整復師が柔道整復術を施術する施術所」のことです。
接骨院・整骨院には、この「柔道整復師が柔道制服術を施術」というところに、大きな特徴があります。


この柔道整復師は、国家資格であり、国によって正式に「柔道整復術を習得している」と認められた人たちです。

また、このように国家資格を持つ柔道整復師には、保険を利用した施術をすることも認められています。

よって、接骨院・整骨院は、同じ痛みを治療する施術所の中でも「国家資格を持った柔道整復師が」「必要に応じて健康保険を使って施術してくれる」場所だと言えます。


接骨院・整骨院での治療対象は、比較的急性の力によって発生した怪我への対処に向いています。
具体的には、急性期の足首の捻挫や骨折・肩や肘の脱臼のような怪我であったり、ぎっくり腰や寝違えなど、首や腰に痛みに対する施術が得意分野です。

※急性期とは、簡単に言うと『めちゃめちゃ痛いから大人しく寝ていなさい』という時期です。
急性期を日にちに
すると、数日から~2週間ほどで終わります。

その期間以降は、慢性期。
慢性期は、接骨院・整骨院は、得意
分野ではなくなります。


あれ?と思った方もいらしたと思いますが、
整形外科と同じ症状を見ているの??ってことです!

答えは、はいです。

整骨院・接骨院の歴史を見ても、
昔、整形外科が少なくこれでは患者様を診きれない、、、
じゃあ、医者ではないけど柔道
整復師という国家資格を作って整形外科で診きれない患者様を診てもらいましょう。
というのが、接骨院・整骨院の誕生です!

今では、整形外科よりも接骨院・整骨院が圧倒的に多くなってしま
ってしまい患者様の取り合いになっております。

柔道整復師は医師ではないのでレントゲンや投薬まではできません。







整体院・カイロプラクティック院



次に、整体院・カイロプラクティック院について見てみましょう。
整体院は、その名の通り「整体」を行うところですが、この「整体」には、かなり広い意味合いがあります。

「整体」は、日本では、手技を用いた代替医療・民間医療全般を指します。

具体的には、脊椎や骨盤、肩甲骨、手足などの骨格や関節、骨格筋の歪みなどを、手技や補助器具を用いて矯正したり調整したりする施術を指すことが多いです。

よって、整体院とは、上記のような手技を用いた施術が行われる施術所を指します。

カイロプラクティックは、神経・筋・骨格系のトラブル
の分析とケア、及びこれらのトラブルが全身の健康に及ぼす影響を取り扱うヘルスケア専門職です。日本では上記の整体の一種という位置づけになっていますが、実際はカイロプラクティックヘルスケアは、一般的な手技療法の中で
最も多く用いられ、現在世界中100カ国以上で実施されており40カ国で法制化されています。つまり海外では、お医者さんです。


ただ、実際には整体とカイロプラクティックについて日本では厳密に区別されずに使われていることも多いです。



整体院やカイロプラクティックでの施術の範疇は比較的広いのですが、一様に言えることは、緩やかな症状改善に向いているということです。

具体的には、脊椎や骨盤、肩甲骨、手足の関節について、骨格や骨格筋の歪みを整えて日々の不調を改善していくイメージです。

よって、整体やカイロプラクティックは急性の症状ではなく、肩こりや腰痛、坐骨神経痛や手足のしびれの改善などの目的に向いています。
たとえば、交通事故で言うと、事故から1ヶ月以上経ってからの、
慢性期に入ってからの治療に向いていると言えます。






まとめ


急性期の症状足首の捻挫や骨折・肩や肘の脱臼のような怪我であったり、ぎっくり腰や寝違え)の場合は、
整形外科か接骨院・整骨院にいくのがオススメです。

ただ、上記の説明通り
接骨院・整骨院は、医師ではないので しっかりとした検査や痛み止めなど処方されたい方は、整形外科に行くことをお勧めします。

訳が分からなければ、とにかく整形外科に行くのが安全です。

その他、慢性期(症状発生から4週以降)の症状(肩こり・腰痛・O脚X脚矯正・骨盤矯正・猫背・頭痛・首痛・首こり・しびれ・五十肩・四十肩などなど)をお持ちの方は、
整体院やカイロプラクティックに行くのが良いでしょう。

どんな症状であれ、近くに信頼している人がおられるなら一度その方に相談してもいいかもしれませんね!!


京都市西京区の整体・カイロプラクティックをお探しの方は、当院にお気軽にご相談くださいね。






京都中丸整体の不調を改善する4つのステップ


向日市 肩こり・首の痛みの整体院【京都中丸整体カイロプラクティック】へ
1.施術者が、国内最高峰の学校を卒業した国際基準のカイロプラクターです

  3300時間に及ぶ基礎科学・カイロプラクティック科学・臨床科学を学び、弟子入りし
  他の医院でも臨床経験を学びトータル施術2万人以上の経験のある施術者がお客様の悩み
  を解決に導きます。

2.患者様自身が歪みの原因を「実感して、理解できる」カウンセリングと検査

  カウンセリングでじっくり時間をかけて生活や姿勢の習慣、通院経歴などをお伺いし、
  検査を行います。患者様がご自身で原因を実感し、理解してもらえるように、
  患者様目線でわかりやすくご説明いたします。

3.根本改善を目的とした、お一人お一人に合わせたオーダーメイドの整体

  徹底したカウンセリングのデータを元に患者様の痛み・歪みの根本的な原因に
  アプローチします。リラクゼ―ション目的の整体やマッサージとは違い、根本改善を
  目的とした施術なので、効果が持続しやすく再発しない体へと導いていきます。

4.施術後もより効果が持続するようにしっかりアドバイス


  アフターケアカウンセリングと施術の結果を元に、姿勢改善や生活習慣の指導から
  栄養アドバイスまで、施術後も再発しないように、しっかりケアします。




京都市西京区で産後の腰痛でお悩みの方は、京都中丸整体にご相談ください!

LINEでのご予約も簡単♪OK!!

LINEのID:yoe1146



 

マッチョは風邪をひきやすい?





スポーツ選手やボディービルダーなどをはじめとして、鍛えている人にはマッチョな人が多いです。


見るからに強くて健康そうに見えますが、意外にもマッチョで筋肉質な人は、風邪を引きやすいというのですから驚きです。

4年に1度のスポーツの祭典・オリンピックでは、大会期間中に選手の3人に1人が風邪を引くという調査結果もあります。

鍛えられた体で食事にも気を遣っている一流アスリートのオリンピック選手は、いかにも健康そうに思えますが・・・。

どうして体を鍛えたマッチョな人は、風邪を引きやすいのでしょうか。

 



免疫力の低下



体を鍛えようとして激しい運動をすると、大量の血液が筋肉に流れて、皮膚や粘膜の防御機能が低下してしまいます。

激しい運動をすることで呼吸数も多くなって気管が乾燥するので、病原菌も付着しやすくなります。

さらにトレーニングなどの過労が重なると、免疫機能をもつナチュラルキラー細胞の働きも下がってしまい、病原体の侵入を許してしまうというわけです。

例えば、トレーニングの合宿中に集団食中毒などが起こると、監督やコーチよりも、マッチョに鍛えているはずの選手の方が症状が重くなることが多いといいます。


 



免疫力を低下させるテストステロン



男性ホルモンのテストステロンは、筋肉トレーニングなどによって分泌が促進されることが分かっていますが、このテストステロンは、体がウィルスと戦うことを抑制する効果があるといわれています。

太古の昔から、男性はケガや病気になる機会が多く、免疫システムが過剰反応を引き起こすようになったので、テストステロンのような非活動的な免疫システムができたのではないかと考えられています。

免疫力の低下とテストステロンの働きが相まって、風邪を引きやすくなるというわけです。



 


冬はハードなトレーニングは控えめに


冬の低温で乾燥した状態は、ウィルスには絶好の環境なので、ただでさえ風邪やインフルエンザなどに罹るリスクは高くなっています。

マッチョに鍛えようと激しいトレーニングをすると、そこに免疫力の低下とテストステロンによる免疫抑制の効果がダブルで効いてくることになります。

風邪を引きやすくなるのも当然かもしれません。

早めの風邪対策

風邪かなと思ったら、まずは休むことが大事。

風邪を引くと熱が出ますが、これは体がウィルスと闘っている証拠。

熱があった方が免疫力が高くなり、ウィルスも熱には弱いので、極端な高熱でなければ解熱剤は飲まない方が良いといわれています。

スポーツ選手なら、薬によるドーピングも心配になります。

ウィルスは湿度にも弱いので、部屋の湿度を上げるようにし、また、外出時にマスクをすれば自分の息で気管を乾燥から守ることができます。

これからの寒い冬、風邪を引かないよう十分に気をつけましょう。

エコノミー症候群は、バスでも電車でも起こる?



海外旅行に行くときには、ほとんどの場合、飛行機を利用します。

海外旅行をする人は年々増えているので、それに伴って「エコノミークラス症候群」になる人も増えています。

このエコノミークラス症候群は、飛行機に乗らなくても、電車やバスで起こってしまうことがあります。

エコノミークラス症候群の正式名は「肺血栓塞栓症」

「エコノミークラス症候群」というくらいですから、飛行機のエコノミークラスに乗ったときにだけ起こるものと思ってしまいがちですが、実際は、そうではありません。

ビジネスクラスやファーストクラスで起こることもあれば、電車やバスなど、飛行機以外の場所で起こることもあります。

「エコノミークラス症候群」という呼び方が、誤解を生む表現といえます。

最近では、「フライト血栓症」と呼ばれたりもしていますが、正式な呼び名は「肺血栓塞栓症」です。

肺血栓塞栓症は、肺動脈に血栓が詰まる症状で、長時間動かずにじっとしていたり、水分が不足したりすると、下半身の静脈に血栓ができて、肺動脈を塞いでしまい、最悪の場合は、死に至ることもあります。


 

最大の予防法は、体を動かすこと。


エコノミークラス症候群の予防のためには、体を動かすことが一番だといわれます。

体を動かして血流をよくすれば、血栓ができる可能性を低くすることができます。

できれば、1時間に1回は機内を歩いて、体を動かすようにしましょう。

機内を歩くのが難しいようなら、座席に座ったまま、伸びをしたり、かかとを上げ下げしたりするだけでもOKです。

体を動かしづらいエコノミークラスで比較的よく発症することも事実ですが、ビジネスクラスやファーストクラスで発症しないというわけではありません。

どのクラスに座っても、また、どこにいても、できるだけ体を動かすようにしましょう。

しない方が良いこと

搭乗中は、できるだけ眠らないようにした方がいいです。

長時間不自然な姿勢でいると、発症のリスクが高まってしまいます。

その他にも、足を組むことや、窮屈な服は、発症の危険要因になるので注意しましょう。


 



水分補給

エコノミークラス症候群の予防策の一つに「十分な水分補給」があります。

血栓ができるのを防ぐためにも、しっかりと水分を摂るようにしましょう。

水分が不足して発症することは稀なようですが、「トイレに立つ回数を減らしたい」という理由で、水を飲むのを控える人もいるようです。

確かに、エコノミークラスで窓際に座っていると、座席をたつのは面倒になります。

しかし「周りの人に迷惑をかけるから」という遠慮が、「水分を補給しない」というエコノミークラス症候群の発症しやすい状態をつくってしまうこともあります。

エコノミークラス症候群は、飛行機を降りてしばらくしてから症状がでることもあります。

前兆としては、息切れ、頭痛、足のむくみや痛みなどがあります。

異変を感じたら、すぐに病院にかかるようにしましょう。


 


飛行機以外でもエコノミークラス症候群



飛行機に乗らなくても、エコノミークラス症候群は起こります。

長距離の電車やバスでの移動、長時間の観劇、スポーツ観戦などでも発症することがあります。

東日本大震災や熊本地震などの被災地の避難所では、エコノミークラス症候群が大きな問題になりました。

被災地では、避難所生活で活動量が極端に減ったり、建物の倒壊を恐れて車中で過ごす人もいます。

車中で過ごす場合などは、正に飛行機に長時間乗っているのと同じような状態になります。

特に、高齢者はリスクが高くなるといわれています。

エコノミークラス症候群の発症に限らず、長時間じっとしているのは、体にとって良いことではありません。

健康のことを考えて、1時間に1度は体を動かすように心がけたいですね。



へその緒を切るタイミング!そんなのあるの?

京都市西京区の整体カイロプラクティック【京都中丸整体カイロプラクティック】

出産、産後、へその緒

出産お母さんのお腹から出てきた赤ちゃんとお母さんを繋ぐへその緒をコッヘルという器具で臍帯をはさむことで、臍帯内の血流が停止したら臍帯クリップを止め、その間を臍帯剪刀(さいたいせんとう)という専用のハサミで切ります。


切るタイミングが重要なんです!!!

実際の日本の出産時における現場ではどうなんでしょう!
一般的に日本の病院では、お母さんのお腹から出た直後に切断されます。
なぜ、日本ではスグに切られるのかというと、黄疸(おうだん)に関係しているそうです。

理由としては、へその緒をすぐに切らないと赤ちゃんに血液が多く流れてしまうことで、多血症になり「黄疸」になりやすい、と
いう理由です。


切るのを3分待つと健康に!

イギリス国立医療技術評価機構から、出産後1~3分はへその緒をつながったままにしておくことを推奨するガイドラインが出るとのことです。
赤ちゃんがお母さんのお腹から出てきてから3分間へその緒をつけたままにしておくと、血中の「鉄分値」が良好になり、赤ちゃんが健康的になることがわかってきました。
3分という時間の間に、へその緒の中に残っていた血液が赤ん坊の体内に移動するからだそうです


これはイギリスの研究機関が3911人の生まれた赤ちゃんのへその緒を出産から3分後にカットし、その後の経過を観察した結果、へその緒の切断を遅らせても母体の出血や失血やヘモグロビン値などに違いはなく、むしろ赤ちゃんの方は、出生後1~2日間の間ヘモグロビン値が通常より高くなり、生後3~6ヶ月間は鉄欠乏症になる危険性が低いこという臨床データがでています

このように、出産してスグに切るよりも少し時間をおいて、へその緒を切ったほうが赤ちゃんにとってプラスになる要素が多いことがわかると思います。

アメリカのデータだったと思いま
が、切るタイミングで性格にも影響するみたいです

早く切りすぎてしまうと、上記のような栄養不足になり病弱気味になりやすい。
逆に3分を越えて切ると、栄養豊富だが性格が依存しやすい体質になる。

と、いうものです。

出産される病院ごとで考え方も違いますので、お子様を出産される際はお医者さんとよく相談をされることが、今後のお子さんの成長の助けになります。


へその緒を切るタイミング!そんなのあるの?の続きを読む

利き手は矯正すべきではない!

利き手矯正はするべきではない



一般的に大体9:1で右利きの人が多
とされています。

実際の統計と来院される患者さんの右利き左利き比率のも同様で、男性の方が左利き割合は多く見受けられます。


基本的に9割近い人々が右利きですので、世の中のシステムも右利き有利に作られているのは皆さんご存知でしょうか?
右利きの方はほとんど知らなかったという方も実は多いかもしれません。


例えれば、パソコンを使うときに無くてはならない「マウス」や、紙を切るときの「ハサミ」などは右利きようのものしかほとんど存在しない。
左利きのものを購入しようとしても100円ショップにはない、専門店で高いお金を支払ってようやく手に入れることができる貴重品なんです。

文字に関していえば、完全に右利き用にしか考案されていない。
ドアノブも右廻しのものがほとんど、電車の改札口も右側にあり、などなど例を挙げればキリがないほど、世の中全て右利き向けに社会が成り立っているのです。

このように社会が右利き優位に形成されているため、左利きに生まれたら社会で生きていくのに不便を感じるからと、利き手矯正をすればいいかと多くの方が考えられます。

利き手を無理に矯正するのは間違い!!!

右利きの人が右手で物事を上手に使えるのが当たり前のように、左利きの人は左手なら物事を自然にできるのですから無理に正そうとする必要は無いのです。

そもそも子供が何事にも左手を使っているということは、機能的に優れているという事を無意識のなかで理解し、左手を使った方が色々な事を上手にすることができるということがわかっているからです。

それを社会的に不利だからという理由から何も知らないで、利き手を左利きから右利きに無理やりに矯正をしようとす行為は、子供にストレスを与えることになります。

使い慣れない右手を用いて行うことは、子供の脳にとってはストレスを受ける行為と認識てしまい、そうすると、右手で文字を書いたり計算したりするということは嫌なことと感じて、勉強=ストレスになるものだと無意識に判断してしまうためです。

良かれと思い利き手を矯正してしまったことがきっかけで、勉強することが嫌いになってしまうと、子供の将来を制限してしまうことになってしまうことにもなりかねません。

心的トラウマを生む原因にも!

また、勉強嫌いだけなら将来改善の道はいくらでもありますが、以下のような心的弊害を受けることもあります。

テンカンや吃音症
左右盲(とっさに左右がわからなくなる)
鏡文字を書くようになる
テンカンや吃音症は基本的に利き手矯正を行うことによって必ず起こる問題ではありません、利き手矯正をする際に親や先生に間違いを叱責されたり、叩かれたストレスが蓄積しトラウマになり症状が発症する可能性があると言われています。

左右盲とは自動車などを運転していた際やタクシーなどに乗車した際に、急に道を曲がる際などの「とっさに左右がわからなくなる」といった空間認識が苦手でわからなくなることが起こってしまう症状です。
これはお箸を持つ手が右手だと教えられますが、自分では左で持ったりする方が使いやすいことで、頭が混乱してしまい、右と左がわからなくなってしまうことによります。

その上で利き手矯正を行うとにより、突然左と右がわからなくなってしまうことで、鏡文字になってしまいやすいとも言われています。但し、もともと文字というのは右手で書く方が得意な時計回りが中心ですが、左利きの場合反時計回りのほうが得意なため鏡文字は基本的に左利きに多いようです。

やっぱり利き手矯正は良く無いです。

利き手は右脳と左脳の神経回路と深い関係があり、脳の発達にも結びついているため、親は子どもに無用な心理的負担をかけてはならないでしょう。
幼少期に無理な利き手矯正を行うと脳の統合不全を起こしてしまうためです。



でも・・・どうしても矯正したいなら

体罰や心理的抑制をして無理やりに利き手矯正を行うのではなく、子供に負担をかけないように親が心がけて遊びの中や、ストレスを与えないような誘導をして楽しみながら行うことです。
例えれば、食事中に左手で上手に食べれてたらこっち(右手)でも試してみようか?お絵かきも試しにこっち(右手)で書いてみようか?と、子供に少しずつ右手に誘導してあげることです。
決して子供が嫌がる状態で、行ってはなりません。



まずはお気軽にお問い合わせください

〒615-8103
京都府京都市西京区川島六の坪町63-6
バンブーシュート洛西口Ⅰ203号室

075-925-5075

お問い合わせ