HOME > 院長ブログ > アーカイブ > 季節の食べ物特集

院長ブログ 季節の食べ物特集

6月の旬【アスパラガス】万能野菜だった!



日本の大部分では梅雨となる6月ですが初夏に旬を迎える魚や野菜、果物が食べごろとなる季節なので

季節の食材を毎日の献立に取り入れて楽しみたいものです。

雨続きでともすれば気分も沈みがちになる6月ですが、新鮮な夏野菜や爽やかな初夏の果物、風味豊かな海の幸など

バラエティ豊かな旬の食材が揃う美味しい季節なんです。

という事で今回は、6月に旬を迎える
アスパラガスについて詳しくご紹介しますので、ぜひ参考にお役立てください。




アスパラガスとは



アスパラガス(竜髭菜、Asparagus spp.)とは、被子植物の中の単子葉植物に属する多年生草本植物である。クロンキスト体系ではユリ科に含めているが、分子系統学によるAPG植物分類体系ではキジカクシ科に属している。雌雄異株である。


wikipedia

アスパラガスは、冬の間に養分を蓄えた根から、春~初夏にかけて伸び出してくる若い茎の野菜。日光を当てて栽培したものがグリーンアスパラガス、土をかぶせ遮光して育てたものがホワイトアスパラガスになります。




栄養素



アスパラガスには主に、グリーンアスパラガスとホワイトアスパラガスがあります。

最近では紫アスパラガスなんていうのも見られるようになりました。これらに共通して含まれる主な栄養素はこんな感じです。


 

ビタミンA
ビタミンB1、B2
ビタミンC
ビタミンE
カリウム
カルシウム

食物繊維


このように、アスパラガスにはビタミン類も豊富で、女性に嬉しい成分がたっぷり含まれています。

 


栄養素のポイント
 

名前の由来となったアスパラギン酸は、新陳代謝を活発にし、疲労を和らげる効果があるとされています。

主に穂先に含まれる「ルチン」には、血管を丈夫にする働きがあるといわれています。 ビタミンCを多く含む食材と合わせると、ビタミンCの吸収
効率を高める作用もあります。




選び方



新鮮なグリーンアスパラガスを見分けるポイント

濃い緑色で、全体にみずみずしくハリがあるものが新鮮。また茎は太めで穂先が固くしまり、まっすぐに形よく伸びたものを選びましょう。





アスパラガスは万能野菜



毒性のあるアンモニアを体外へ排出する(利尿作用)
美肌を作る
体調を整える
疲労回復

高血圧にも効く

肝機能改善



まとめ



ビタミンやミネラルが豊富で、美容効果も高いアスパラガス。それだけでなく、免疫力アップや高血圧改善、肝機能改善まで期待できるとあっては、若い女性から中高年男性まで誰にとってもうれしい効能が満載と言えますね。そんな、老若男女にありがたい効果があるのですから、家族みんなで食べるにはぴったりの食材です。アスパラガスの旬は春先なので、今頃が一番栄養価も高いですが、今や一年中手に入れることが可能です。
家族の食卓にいつもいる常連メンバーとして、自信をもっておすすめできるアスパラガス。ぜひ今日からでも取り入れてみてはいかがでしょう?


健康は、富に勝る!

京都中丸整体カイロプラクティック


女性に嬉しい、5月の旬の『鰹』!



5月が旬の、かつおは刺身やタタキ、鰹節、まぐろの代用としてツナ缶などに用いられています。

日本では、日本海側よりも太平洋側でよく獲れる魚です。

初夏の風物詩である「初鰹」と、秋に旬を迎える「戻り鰹」では

脂の乗り方や栄養が異なっています。

かつおの栄養価や効能、初鰹と戻り鰹の違いについて今回はお話ししたいと思います。

美味しく栄養たっぷりのかつおを皆様の食卓にも取り入れてみませんか?



初鰹と戻り鰹は脂の乗り方が違う!



かつおはスズキ目サバ科に属する魚で刺身やタタキなどにしたり鰹節に加工されたりしています。

かつおの漁が盛んな地域では郷土料理としてかつお料理が多く作られています。

大型のものは全長1m、体重18kgに達しますが水揚げされるのは全長50cm程度のものが多いです。

うろこは目の後方から胸びれ側線周辺だけにあるのが特徴みたいです。

背側は濃い藍色であり腹側は無地の銀白色をしていますが興奮すると腹側に数本の横縞が浮き出ます!!びっくりです。笑

死ぬと横縞が消え、縦縞が現れるみたいですよ。

かつおは全世界の熱帯・温帯海域に広く分布しています。

日本では太平洋側に多く生息し日本海側ではあまり見られません。


スーパーのチラシなどで『初鰹(はつがつお)』『戻り鰹』
いった文言を目にすることがあると思います。

 


まず初鰹についてご紹介します。

日本の太平洋沿岸に生息するかつおは
夏に黒潮と親潮がぶつかる三陸海岸沖辺りまで北上します。

秋に親潮の勢力が強くなると南下します。

夏の到来を告げる
その年で初めてのかつおの水揚げを
『初鰹』と呼び珍重されています。

脂が乗っていないのでさっぱりとした味が特徴です。

初鰹は港によって時期がずれますが
食品業界においては漁獲高の大きい
高知県の初鰹の時期を基準にしており
消費者にも浸透しています。


 


秋に南下するかつおは『戻り鰹』と呼ばれます。

こちらは低い海水温の影響で脂が乗っており北上時とは異なる味がします。

初鰹と同様、戻り鰹の時期も港によってずれがありますが
一般的には秋の味覚として知られています。カツオはこんなお悩みを解決します!

鉄分が豊富なので、血行を促進して冷えやコリを和らげる効果が。また生理不順、貧血などの月経トラブル解消にも効果が期待できます。さらにたんぱく質や良質なオイルが含まれているので、お肌のハリや潤いを強化! アンチエイジングのお悩みも解決してくれます。

 


カツオに含まれる3大美容成分とは?



1.鉄分

体内に酸素を巡らせて、血行のよい美肌をつくるために必要な栄養素です。不足すると、新陳代謝がダウンしたり、貧血や顔色の悪い肌、くすみなどにつながるので要注意! 特に女性は不足しやすいので積極的にチャージしえおきたいです。巡りの良い体づくりにも役立ちます。カツオには鉄分が豊富に含まれているので、生理前~生理後には特にオススメです。

2.たんぱく質

筋肉や皮膚、髪、爪など全身のすべての組織はたんぱく質でできています。エネルギー源にもなるので、不足すると体力が落ちたり免疫力が低下することも。また老化を促進させたり、シミ、しわなどのトラブルを引き起こして、肌年齢をグッと上げてしまうこともあるので注意! 特にダイエット中には不足しやすいので、低カロリーで高たんぱくなカツオを食べて補いましょう。 

3.EPA

EPAは、体に蓄積しないヘルシーな脂肪「不飽和脂肪酸」のひとつです。とても良質なオイルなので、血液をサラサラにしたり、中性脂肪や悪玉コレステロールをやっつけて善玉菌を増やす効果もあります。脂肪を燃焼してくれるので、ダイエットにも役立ちます。薄着になるこれからの季節、カツオなら満足感もあり、太りにくく安心です!

 




いかがでしたでしょう?まとめて簡単に言えば、あっさりの初鰹、こってりの戻り鰹。

 

時季を追うごとに変わる味わいを、楽しまれてはいかがですか?


健康は、富に勝る。



旬の食べ物で体を整え鍛えよう!



日本には四季があり、昔から四季に収穫される食べ物を摂ることで体を整え、免疫力を維持してきました。

春:(排出=デトックス、再生)
抗酸化力の強い芽吹きの食材で、冬に溜まった老廃物を流し、代謝を高め、新しい細胞を作ります。

夏:(水分調節・抗酸化)
体に溜まった熱やむくみをとり、汗で出ていくミネラルを補給。
緑黄色野菜のフィトケミカルで紫外線からのダメージを修復します。

秋:(滋養補給・抗ストレス)
栄養価の高い秋の収穫物や魚介類で滋養を高め、夏場にため込んだ水分を流します。
カボチャ、イモ類、穀物などGABAの多い食材で季節の変わり目の自律神経を整え、冬に備えます。

冬:(保温・保湿)
体を温める根菜類・皮膚や粘膜を守る(ビタミンAの多い)食材をとり、免疫力を高め、風邪やウィルスに負けない体を維持します。




 

旬のものは栄養素が通常の2倍以上に高まっています。

季節外れの野菜をわざわざ食べるというのは、栄養価も落ちているばかりか、旬ではないのに栽培しなければいけないということ。
イコール、露地ではなくハウス栽培になる、化学肥料を使う量も多くなる、有害とされる硝酸値が高くなる(=アクが多くなる)。
旬の野菜は農薬や化学肥料を過剰に与えなくともよく実り、アクも少なくおいしい。

そして旬の食べ物はそのままでも美味しいので、余計な調味料が必要なくなります。

塩分や脂肪、砂糖の取りすぎる事もなくなる為、病気や不調からも救ってくれます。

 

ヨーロッパの人々がヨーグルトやチーズで体を整えるように。
南国の人々がココナッツやフルーツで体温を調節するように。
日本人は、日本の四季を感じる食事をすることで、体と心はすこやかになると信じています。

 

難しい健康法やテレビで話題のスーパーフードにこだわる必要はなく、とってもシンプルなことなんです。


おいしいと思うものは、常に変わると思います。

体の声を無視せずに。
舌の直観力を大切に。

健康は、富に勝る。



京都の西京区で整体をお探しの方は、京都中丸整体カイロプラクティックにお気軽にご相談くださいね!

 

京都中丸整体の悩みを解決する4つのステップ


向日市 肩こり・首の痛みの整体院【京都中丸整体カイロプラクティック】へ
1.施術者が、国内最高峰の学校を卒業した国際基準のカイロプラクターです

  3300時間に及ぶ基礎科学・カイロプラクティック科学・臨床科学を学び、弟子入りし
  他の医院でも臨床経験を学びトータル施術2万人以上の経験のある施術者がお客様の悩み
  を解決に導きます。

2.患者様自身が歪みの原因を「実感して、理解できる」カウンセリングと検査

  カウンセリングでじっくり時間をかけて生活や姿勢の習慣、通院経歴などをお伺いし、
  検査を行います。患者様がご自身で原因を実感し、理解してもらえるように、
  患者様目線でわかりやすくご説明いたします。

3.根本改善を目的とした、お一人お一人に合わせたオーダーメイドの整体

  徹底したカウンセリングのデータを元に患者様の痛み・歪みの根本的な原因に
  アプローチします。リラクゼ―ション目的の整体やマッサージとは違い、根本改善を
  目的とした施術なので、効果が持続しやすく再発しない体へと導いていきます。

4.施術後もより効果が持続するようにしっかりアドバイス


  アフターケアカウンセリングと施術の結果を元に、姿勢改善や生活習慣の指導から
  栄養アドバイスまで、施術後も再発しないように、しっかりケアします。




京都市西京区で産後の腰痛でお悩みの方は、京都中丸整体にご相談ください!
↑タップしてください↑


LINEでのご予約も簡単♪OK!!

LINEのID:yoe1146






 
初回料金


5000円+初診料3000円が、

今なら、初診料無料5000円〈税込



結果にこだわったワンランク上の施術を体感してください。





京都中丸整体カイロプラクティック

京都の整体、京都のカイロプラクティックなら京都中丸整体カイロプラクティックへ
骨格矯正・骨盤矯正・マッサージ
予約制の完全プライベート♪隠れ家サロン♪
 
京都府京都市西京区川島六ノ坪町63-6

バンブー
シュート洛西口Ⅰ 203号室

"Kyoto,Japan,chiropractic"
阪急洛西口徒歩3分 JR桂川駅徒歩10分

~ 京都 中丸整体カイロプラクティック ~


 

4月の旬ホタルイカを食べてみてはイカが?|京都中丸整体カイロプラクティック




ホタルイカってどんなもの?

3~4月に旬なホタルイカは、ツツイカ目ホタルイカモドキ科の小型のイカ。胴長は5~7cmで体の各部に700~1,000個の発光器を備え、刺激を受けると青白い光を発して敵を威嚇する。普段は水深200~600mに棲んでるが、5~6月の産卵期になると浮上してくる。北海道から日本海全域、太平洋側では熊野灘まで分布するが、富山湾での漁獲量が多いことで有名。食べ方は、桜煮(塩ゆで)にして酢味噌和えなどでいただくのが一般的。

ホタルイカは内蔵ごと食べるイカなので栄養が豊富です

ビタミンA(レチノール)が豊富

ビタミン類では脂溶性ビタミンのAとEが多く、特にビタミンA(レチノール)の含有量は100gあたり1500μgあり、これは魚介類の中ではトップクラスです。1匹約10gなので5匹も食べれば成人の1日のビタミンA推奨量を満たしてしまいます。ビタミンA(レチノール)には、目の健康を支える作用、粘膜や肌の健康を保つ作用、生殖作用の維持、免疫力向上、感染症を予防する作用があります。


抗酸化ビタミンEが豊富

ホタルイカには強い抗酸化作用で知られるビタミンEが豊富に含まれています。これには、活性酸素を抑え体内の不飽和脂肪酸の酸化を防ぐ働きがあるので、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病の予防に役立っていると考えられています。


ビタミンB12が豊富

ホタルイカはビタミンB12が沢山含まれていることでも知られています。


タウリンが豊富

イカにはタウリンが沢山含まれており、胆汁の分泌を促進し、肝臓の働きを助け、 肝機能を高める働きがあると言われています。

ホタルイカに含まれる含硫アミノ酸の一種であるタウリンには、胆汁酸やインスリンの分泌促進作用、血圧を正常に保つ作用、血糖低下作用、肝機能の改善、血中の悪玉コレステロールを下げて善玉コレステロールを増やす作用、心筋の働きを正常に保つ作用などがあります。




効果効能



疲労回復、免疫力向上、感染症の予防、眼精疲労の改善、夜盲症の予防、老化防止、肝機能の改善、貧血の予防。


注意点

生のものは寄生虫がいることがあるので、凍結処理や内蔵をとるなど十分な注意が必要。

ボイルしてある状態なら、問題なしです!

あと、ホタルイカの容器はゴミ箱に入れているととても臭くなるので、すぐゴミを出せる状態にしておくと良いと思います。

3日後くらいに臭って大変でした。笑




皆様も、旬の食材を食べて効率よく栄養を摂取し、いく年もキレイで若々しい体を保ちましょう。
美は内側から

いちごの栄養と知っておきたい効果




イチゴは、南北アメリカ原産のバラ科の多年草。日本には江戸時代末期にオランダから伝わりました。オランダイチゴ、キイチゴ、ヘビイチゴなどがありますが、イチゴと言えば一般的にオランダイチゴのことを指します。現在、日本市場に流通している品種では、とちおとめ、さがほのか、あまおう、さちのか、紅ほっぺ、などが上位を占めます。ちみには1月15日は全国いちご消費拡大協議会が決めた「いちごの日」となっています。
いちご

カロリーは100gあたり・・・(生)34kcal

主な成分としては、水分、炭水化物、ビタミンA(βカロテン)、ビタミンB群(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシン、葉酸、パントテン酸、ビオチン)、ビタミンC、ビタミンE、カリウム、カルシウム、マグネシウム、マンガン、リン、モリブデン、鉄、銅、亜鉛、食物繊維などを含みます。

イチゴの特徴は、ビタミンCとビタミンB群の葉酸が豊富なことです。ビタミンCの含有量は100gあたり62mgと果実類ではトップ10に入る多さです。イチゴ1粒20gとして1日8粒食べれば1日に必要とされるビタミンCが摂取できます。ビタミンCには疲労回復、免疫力の向上、感染症の予防、肌トラブルの改善、貧血予防、生活習慣病の予防効果があります。葉酸はビタミンB12と協調し造血作用に関与するビタミンなので、貧血の予防改善、胎児の正常な発育を助ける働きがあります。妊娠中の女性は2倍の葉酸が必要とされています。

また、イチゴには、エラグ酸やアントシアニンなどのポリフェノールが豊富に含まれています。エラグ酸は強い抗酸化作用の他に、メラニンの生成に関わる酵素チロシナーゼの働きを抑える働きがあることから、美白効果があることでも知られています。このことからエラグ酸は化粧品などにも配合される厚生労働省認可の医薬部外品有効成分となっています。ブルーベリーでお馴染みのアントシアニンには、ロドプシンという視覚に関係する物質の再合成を助ける作用があり、これにより視力の低下を防ぎ、眼精疲労(疲れ目・かすみ目)を改善する働きがあります。また、アントシアニンは血管新生を抑制する作用があり、糖尿病網膜症の改善にも効果があるとされています。

効果効能
疲労回復、免疫力向上、感染症の予防、生活習慣病の予防、貧血の予防改善、老化防止、美肌、がん予防。
胎児の正常な発育を助ける働き

 



旬では、普通の時の2倍~3倍の栄養価と言われています。

イチゴの季節の今、食べなければ損ですよ!!!



今が季節温州みかんの温州って何?




年末年始はもちろん、寒い冬は「こたつ&みかん」が定番中の定番である最強タッグといってよいでしょう!
そして私たちが口にする代表的な「みかん」の正式名称は「温州みかん」ですが、皆さんは「温州」を何て読んでいますか?
普通に読んだら「おんしゅう」ですが、実は「うんしゅう」と読むんです。読み方が違っていた方は、これから「うんしゅう」と読みましょう!

ここで疑問となるのが「温州」って、何のことか?ということです。
「みかん」で有名な産地の和歌山県の旧国名が「紀州国」ですから、「紀州みかん」であれば納得するのですが、いったい「温州」は何を意味しているのでしょう??

実はこの「温州」、中国の地名であり、中国語では「ウェンジョウ」と発音されるのですが、日本では「うんしゅう」と読まれるようになりました。
となると、「温州みかん」は日本が原産じゃないの??と思われた方も多いのでは?!
いやいや!「温州みかん」の原産地は、鹿児島県の長島地域が発祥の地なのですが、柑橘類の名産地である中国の「温州(ウェンジョウ)」にあやかってこの名前が付けられたということです。

ちなみに欧米では、「温州みかん」のことを原産地である鹿児島にちなんで「サツマオレンジ」や「サツママンダリン」と呼んでいます。




みかんの食べ合わせ

みかんとの食べ合わせが良い食材と組み合わせることで、風邪予防・免疫力アップ・高血圧予防・コレステロール低下・ガン予防・胃腸強化・便秘改善などが期待されます。

ネギ・生姜・シソ・かぼちゃと「みかん」を食べ合わせることで風邪予防や免疫力強化などの良い効果が期待できます。

ヨーグルト・マンゴー・ブロッコリーと「みかん」を食べ合わせることでガン予防などの良い効果が期待できます。

イチゴ・リンゴ・アスパラガス・セロリと「みかん」を組み合わせることで胃腸強化・便秘改善などの良い効果が期待できます。
 

食べ合わせNG

みかん+甘いフルーツ(ばななやメロン、すいか、ももなど、、、)

みかんの酸味は、甘いフルーツの消化酵素の働きを妨げ、消化に時間が掛かると言われています。ま

た、酸味と甘味を同時に摂取すると、消化器官に負担を与えてしまうだけではなく、みかん本来の味や香

りが損なわれる可能性があります。みかんの味や香りをより楽しむためにも、食べ合わせた際の味覚の

バランスを考慮しましょう。



知ってますか?チョコレート食べるだけで美容効果!





2月といえばバレンタイン。

購入する機会が増えるだけではなく、女性もチョコレートをもらったりすることが増える季節です。

そうすると、気になるのはチョコレートが美容に与える影響ではないでしょうか?

チョコレートは美容の敵!と思われている方もおられますが、実は秘めたる美容パワーがあるのです。

そこで今回は、チョコレートが持つ美容効果をお話ししたいなーと思います。




抗酸化作用でエイジングケアに!
 

チョコレートの代表成分『カカオ・ポルフェノール』です。

この成分には、強い抗酸化作用があり

体の錆びつかせる活性酸素をとり老化を防ぐ効果が期待できます。

活性酸素が体内から減ることで、肌のくすみや乾燥、シワやたるみといった老化防止にも効果的です。

ポルフェノールって言ったら赤ワインやん!

そうです。

しかし、このカカオ・ポルフェノールは赤ワインのなんと2倍の含有量があるのです!!すてき。笑



血行を良くして美肌への近道に!

カカオ・ポルフェノールには、代謝をアップさせたり血行を促進させる一定の効果が見込まれています。

その役目を果たしてくれるのが『エビカテキン』と『テオブロミン』という成分です。

エビカテキンは代謝を上げる時に働き

テオブロミンは血流を促す作用があります。

これらの成分により代謝が上がり血行が良くなることで、肌への十分な栄養を届けることができます。すると、肌が十分な水分を保持することができ、肌のバリア機能が正常に働くように。

その結果、紫外線ダメージや乾燥などのダメージを最小限にとどめてくれて健康な肌を保てるようになるようです。




リラックス効果も!!



血行を促進するテオブロミンには、自律神経を整え興奮状態を抑える働きがあることから、リラックス効果も期待できます。

カフェインにも似たような作用が確認されていますが、テオブロミンの方が持続的に優れていることが特徴です。


しかし、、、、、

チョコレートなら何でも良い!わけではありません。


一般的なチョコレートは糖分と脂質が多く、カカオの成分が少ないものも珍しくありません。

美容効果を期待してチョコレートを食べるなら、カカオ分が多いチョコレートを選ぶことが重要って事です。

『カカオ〇〇%』みたいなやつです!

本当は、糖分や乳製品を含まないブラックチョコレートがオススメですが、なかなか美味しく感じれないと思うので無理せず食べられるカカオの含有量のものからトライしてみてください!

70%以上が良いと言われています。

僕は、女子にも負けないくらい甘党なので

Meijiのザ・チョコレートの44%からはじめてます。笑


ちなみに、美容効果を得るには、チョコレートを少量ずつこまめに食べることが理想みたいです。


もちろん食べ過ぎはNGです。

一日25gの目安で食べてくださいね!



健康は、富に勝る。


京都中丸整体カイロプラクティック



秋の味覚、秋刀魚を食べて健康に





秋刀魚(さんま)の栄養、効能効果

・効能効果:高血圧予防、ボケ予防、動脈硬化予防、貧血予防、老化予防、ガン予防、胃弱改善

商品栄養評価のひとつにアミノ酸スコアという基準があります。
詳しくは→「タンパク質とは

このアミノ酸スコアでさんまは、ほぼ100です!

魚の中ではトップクラスで、牛肉やチーズさえもしのぐ効率の良いタンパク質食品です。

特に旬のものは、栄養価も美味しさも一段とアップします。
はらわたも栄養価が高いので残らず食べたいものです。

冷たい海中で生活する魚の場合、その脂肪は凝固しにくい不飽和脂肪酸が中心です。
このうちEPA(エイコサペンタエン酸)は血中のコレステロールを低下させ血液の流れを良くし、血栓ができにくくする効果があり
動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞から守ってくれます。

加えて、DHA(ドコサヘキサエン酸)には、コレステロールを抑える作用と共に脳細胞の成長をうながし、脳を活性化しボケを防ぎます。

さんまは、他にもビタミンA、D、EやB群が多く含まれ、皮膚・粘膜や目の健康(ビタミンA)、カルシウム吸収を
促して骨粗鬆症予防(ビタミンD)、抗酸化によるガン・老化防止(ビタミンE)などの効果も期待できます。




サンマの食べ合わせのコツ


ズッキーニと合わせて免疫力アップ

ズッキーニに豊富なβカロテンは、体内で抗酸化力の強いビタミンAに変わります。
ビタミンAは、脂溶性ビタミンなので、サンマの吸収力をアップさせ、免疫力を高めてくれます。



サンマの選び方・保存の仕方


背中の部分が青黒く光っていて、全体に身が引き締まって張りがあり太っているものを選びましょう!!!

保存をする際は、内臓をとって洗い、水けをふき取ってラップに包み、ビニール袋に入れて冷蔵庫へ!

 


秋の味覚、秋刀魚を食べて健康にの続きを読む

銀杏は、実がなる樹とならない樹があるのをご存知ですか?




イチョウの樹の葉が黄色くなると、いよいよ「銀杏(ギンナン)」の季節がやってきます。
決してスマートな食べ物ではありませんが、秋の代表的な食材の一つです。

そして以外なのはその栄養価で「デンプン、カロテン、ビタミンC」などを含んでいるほか、「カリウム、マグネシウム、リン、鉄」といった骨を作るのに欠かせないミネラルが豊富に含まれているのが特徴です。

また古くから日本や中国では、「咳や痰」に効くという民間療法としても活躍してきました。しかしギンナンには、「ビタミンB6」の作用を妨げる「メチルビリドキシン」という中毒物質が含まれているため、特に解毒能力が弱い幼児が食べる場合は注意が必要です。

イチョウの樹は「活きた化石」といわれるほど大昔から存在する樹で、「雄の木」と「雌の木」がありますが、実であるギンナンがなるのは「雌の木」だけで、実は黄色いサクランボのような形をしていますが、非常に臭いことは皆さんもご存じのとおりです。

『「食べたいけど臭い! 臭いけど食べたい!」 でもやっぱり美味しいから食べる!』
といった秋の味覚、「銀杏」を適度にご賞味あれ!!





甘柿と渋柿の違いは?




この季節になると店頭に出回ってくるのが秋が旬の果物「柿」です!!


皆さんもご存知のとおり、柿には「甘柿」と「渋柿」がありますが、どのような違いによって分けられているのでしょう?

柿の木を見てもぜんぜん分かりません!私もまったくわかりませんでした。


実は、柿はもともと渋い味の「渋柿」しかなかったため、昔はアルコール漬けして甘くしたり、完熟させることで少し甘い柿にしていましたが、近年になり、熟すととても甘くなる柿が発見されました。

この甘い柿は、渋柿が突然変異した種類と考えられていますが、この2つの違いは、甘くすることが必要な柿を「渋柿」、最初から甘い柿を「甘柿」と呼んでいます。

また渋柿のなかでも、熟せば甘くなるものは、この柿に含まれている渋み成分のタンニン性物質である「シブオール」という成分が不溶性(柿の中の水分に溶けない)になることで、独特の渋みを感じさせなくしています。

黒いツブツブの斑点が果肉に入っている柿を見たことあるかと思いますが、あの黒いツブツブが不溶性になったシブオールです。
これからが柿の季節、柿好きにはあの黒いブツブツはたまりません
ね~
 



12

« 猫背 | メインページ | アーカイブ | 産前・産後ケア »

まずはお気軽にお問い合わせください

〒615-8103
京都府京都市西京区川島六の坪町63-6
バンブーシュート洛西口Ⅰ203号室

075-925-5075

お問い合わせ