HOME > 院長ブログ > アーカイブ > 2017年5月

院長ブログ 2017年5月

寿命が延びる時代。

長生きしようとどんなに努力しても、叶わない人もいる。もうダメだと思っても、奇跡的に一命を取り留める人もいる。医者にも説明できないことを、どう受け止めればいいのか、、、

 

今回は、寿命についてお話しさせて頂きます。

 

 

 

厚生労働省は2016年7月27日、2015年分の簡易生命表の概況を発表した。それによると2015年における日本の平均寿命は、男性が80.79歳、女性が87.05歳となった。男性の平均寿命80歳超えは2013年分が初めてで今2015年が連続の3年目となる。

 


2015年のデータですみません。笑

しかし、年々寿命が伸びている背景には、やはり

がんや心臓病などの治療成績の向上が要因とみられるみたいです。医療の発達ですね!!

 

 

 

日本は、世界で何位の長寿国でしょうか?

 

平均寿命ランキング・男女国別順位
2016年5月19日、世界保健機関(WHO)が発表した世界保健統計2016によると、
世界一の長寿国は前年同様日本で男女平均が83.7歳だった。

2位はスイスで83.4歳、3位はシンガポールで83.1歳となってます。


男性で長寿の国は、1位がスイスで81.3歳、2位がアイスランドで81.2歳、3位がオーストラリアで80.9歳。
日本の男性はイタリアと同じく80.5歳で6位。
女性は1位が日本で86.8歳、2位がシンガポールで86.1歳、3位が韓国とスペインで85.5歳とアジア3カ国がトップ3に入るみたいです!

 

 

ちなみに、

今から1200年前の「平安時代」の平均寿命は、現代人の半分以下でした。


当時、日本人の平気寿命(主に貴族)は男性が「33歳」、女性が「27歳」くらいだったと言われています。
女性の方が低いのには、女性の方が栄養失調に陥りやすかったからみたいです。

 

 

江戸時代には現代のような戸籍制度がなく、生まれた子どもの数をきちんと把握する仕組みはありませんでした。

ですので、多くの研究者が江戸時代の平均寿命について推論していますが、試算結果にはばらつきがあります。

30才というものも35才というものもありますし、中には50才という説もありますが、だいたい「30才~40才くらい」だったと考えられています。

 

 

 

寿命の長さ全て、思い通りに動けて

好きな事をできて好きな場所に行けて

好きな食べ物を食べれる訳ではありません。

ここが今、一番注目を浴びている健康寿命です。
 

健康である”ということと“生存している”ということはイコールではないんです。

 

 

 

健康寿命とは?

 

健康寿命(けんこうじゅみょう、英: Health expectancy, Healthy life expectancy)とは日常的・継続的な医療・介護に依存しないで、自分の心身で生命維持し、自立した生活ができる生存期間のこと。
ウィキペディア参照

 

日本の健康寿命

 

       国名  平均  健康  寝たきり     

 

日本男性  79.6歳  70.4歳  9.2年 

・日本女性  86.3歳  73.6歳 12.7年

・アメリカ   77.3歳  69.3歳  8.0年 

・イギリス   78.2歳 70.6歳  7.6年  

・ドイツ       78.7歳  71.8歳  6.9年

・フランス   79.7歳 72.0歳  7.7年 

・中国       71.1歳  64.1歳  7.0年  

・イタリア   79.7歳 72.7歳  7.0年 

・スペイン   79.6歳 72.6歳  7.0年 

・ノルウェー  79.1歳 72.0歳  7.1年  

・キューバ   77.1歳   68.3歳

 

 

少し最初に出た寿命と違いますが、

でもだいたいこんな感じになっています!

 

世界的に長寿の日本。

しかし、寝たきり年数ワースト1の現実、、、

大事なのでもう一度言います。

健康である”ということと“生存している”ということはイコールではないです。

 

この結果を見て、私は生きている限り健康でありたいと思いますし、みなさまもそう感じているのではありませんか?

生存しているだけなら、家族に迷惑がかかり

自分自身も楽しくないはずです。

 

ジムに行って筋力の衰えをなくし汗をかいて

デトックスして

食べる時間と栄養バランスを考えて食事をし、

細胞の回復が一番できるゴールデンタイムには

必ずベットで質のいい睡眠をして、

日頃使ってガタがきているお身体のメンテナンスをして下さい。

 

運動や食事、睡眠、お身体のメンテナンス

これらの質にこだわって

健康寿命を伸ばしていってほしいです!

これら一つでもかけないように

今からできる事をしっかりやって生きましょう♫

 

 

健康は、富に勝る。

 

 



寿命が延びる時代。の続きを読む

花咲く春にあう ♪♪

こんにちは、

西京区の洛西口、桂川周辺の整体・カイロプラクティック
京都中丸整体カイロプラクティックです音譜
 

今年も1年が始まり、
京都中丸整体カイロプラクティックも開院1年が経ちました。
 
日々皆様に助けられ自分も院も大きくなっていっているのを感じ、とてもとても感謝でいっぱいです♫
 
タイトルののことわざ
 
花咲く春にあう
 
まだまだ京都中丸整体カイロプラクティックの
認知度も低いですが、
 
これからも引き続き皆様にとって
体の回復、体のチューニング、心の癒し所になるよう1日1日成長して良い施術を提供させて頂けるよう努力していきます爆笑
どうぞよろしくお願い致します!!
 
と、思っているさなか、、、、
予想外の春の敵が。 
そう!花粉です。
 
花粉に悩まされている方が多くなってきましたね

花咲く春にあう ♪♪の続きを読む

健康肌のためのスーパーフード


体に良いものを食べること

それも健康を維持する大切な事だと思います。

 

多くの研究結果から、食べ物を摂取することによって体は、直接的に影響を受け、足りない栄養を補うことができるといいます。

さらにさらに、最近の研究から

食べ物の摂取による栄養補給が体の内部のみならず、肌や細胞にまで影響を与えることが明らかになるにつれ、美肌を作るためのスーパーフードも注目を集めるようになっています。

美肌を作るスーパーフードは、何があるのでしょうか?

 

老化防止のスーパーフードを紹介します。





 

ベリー類
  •  

           

ベリー類には、抗酸化成分がたくさん含ま

れています。抗酸化成分は、老化を起こす

フリーラジカルダメージから肌を守る役割

を果たすので、アンチエージングにはとて

も重要な成分です。ベリー色の濃いものほ

ど抗酸化作用が高いので是非参考までに!

 

ブルーベリー、ブラックベリー、クランベ

リー、ラズベリー、アサイベリー、

ストロベリーなどのベリー系

新鮮な状態または、冷凍状態の時に効果が

高いみたいです。



 

          

鮭には、オメガ3脂肪酸と抗酸化成分が豊

富に含まれています。コラーゲンの生成を

促して細胞の再生効果が高く、弾力のある

ピチピチなお肌を作ります。さらに、炎症

を抑えて潤いを与えます。もし、魚介類が

苦手な方は、鮭の代用にアボカドやクルミ

も注目されており、これらも鮭のような肌

にいい必須脂肪酸が豊富に含まれています。




 
  • 芋、果物、緑色の野菜

         

このような野菜や果物達には、紫外線によ

ってダメージを受けた肌を早く回復させて

くれます。また、野菜に含まれるβカロチ

ンがたくさん含まれているので、アンチエ

ージングにもとても効果的です。

           

オレンジ、ニンジン、パプリカ、

かぼちゃ、ブロッコリーなど、よく見かけ      

るものが実は美肌のスーパーフードだった

のです。

           

ちなみに、私のおすすめのパプリカは、

赤色のパプリカです。調理の熱に強く栄養

素が壊れにくいので、私は赤色しか食べま

せん!笑




 
  • 香辛料

           

唐辛子、生姜、ウコンのような野菜は血行

を促進して老廃物を排出して抗菌作用があ

ります。

そのため、肌の老化を予防する効果がとて

も高く、健康な肌を維持します。

だから、韓国の方たちはお肌がお綺麗なん

でしょーね〜



 
  • 緑茶

           

緑茶には、抗酸化成分、抗炎症成分、

コラーゲン促進成分が豊富に含まれている

アンチエージングの代表とも言える食品で

す。毎日飲む習慣を身につけてください。

もし、緑茶が苦手な方は赤ワインがおすす

めです。

 

色々と紹介してきましたが、なんだかんだ言ってもバランスのいい食事が一番です。

上記の食材を普段とらない方は意識して摂取する事で健康で美しい肌を手に入れれる事間違いなしです!!!

 

上記以外の食べ物でも、

リンゴや、メロン、生イチジク、ニンニク、豆、オリーブオイル、海藻類、マグロなんかの食べ物もおすすめですよ!

  

 

ちなみに、
お肌にNGフード

 

 
  • 砂糖

           

          

砂糖の甘い成分は老化を促します。

糖分を摂取すると、私たちの体は糖化反応

を始めます。

糖化反応は、コラーゲンの生成を妨げて

弾力を失わせる主な原因であり、

シワやタルミの原因にもなります。



 
  • 塩辛い物

 

塩分を摂り過ぎると、肌荒れとむくみも

ひどくなります。



 

コンビニ食レトルト食品缶づめポテト等

 

料理には必ず入れる塩。この塩を天然塩

に変えてみましょう。

これそうする事で、少量でも、風味や味が

決まるので減塩になり摂取量が減るので

おすすめします。

           


 

いいものを食べて、適度に運動をし、いい睡眠をとる。

これが、健康の秘訣であり美肌の秘訣は言うまでもありません。

全て一気には、難しいので食品を少し変える変化から試してみてもいいかもしれませんね!!!

 

健康は、富に勝る。

 

健康肌のためのスーパーフードの続きを読む

痛みと天気予報の関係

西京区の整体・カイロプラクティック院 京都中丸整体カイロプラクティックです。
西京区の整体・カイロプラクティック院京都中丸整体カイロプラクティック
来月からとうとう梅雨です。

4月5月も、天候や気温の変化が激しくなり痛みを感じる方が増えたり、怪我する方が増えて

不調でご来院される方も増えております。

台風が近づいてきたり、天気が悪くなり始めるとなんか体が重くなったり偏頭痛を起こしたりして調子が悪い、関節が痛み始める、ギックリ腰やムチウチ・首肩こりになるという話はよく聞くかと思います。

特に古傷などあるとその患部が治ったはずなのにうずき始めたりします。
実際に私も以前サッカーで痛めた腰が、調子が悪いときに天候不順が来る前に時折、ズキズキすることがあります。

それには、気圧が関係します。

 

気圧とは何なのでしょうか?

 

気圧とは、空気や大気が地面や物質に対してギュ~っと押しつける力の圧のことです。

 

高気圧ですと、身体全体に圧がギュ~っとかかっており体は安定します。

低気圧ですと、身体全体にかかる圧が少なくなり不安定になります。

 

そーなると、ゆがみや筋肉のハリで負担がかかっていたところが、低気圧になるとさらに負担がかかる状態になるため不調を感じます。

 

さらに、身体にかかる外圧の低下は、身体の内圧の上昇を意味します。

身体の内圧が上昇すると血管や体内の水流の流れが悪くなる事により

頭痛・吐き気・めまい・肩こり・ギックリ腰・だるさ・むくみ・倦怠感・関節炎などの症状として感じるわけです。

 

低気圧が近づくと、気圧は徐々に下がり雨が降り始めます。
気圧がさがると耳の中にあるセンサーが気圧の低下を察知し、視床下部を通じて交感神経の活動が亢進します。
交感神経が亢進すると末端神経からノルアドレナリンが血中に分泌されると、痛みを感じる神経や一部の侵害受容器を刺激します。

また、ノルアドレナリンは血管を収縮させたり、血液中のマクロファージや肥満細胞を活性化させてヒスタミンやTNF-α(腫瘍細胞を壊死させる作用のある物質)を分泌することで痛みを感じる神経を刺激します。

簡単に言えば、脳への情報伝達ミスです。
 

さらに、さらに実は低気圧になると酸素の量が薄くなり少なくなります。

酸素の量が減るということは、若干異なりますが非常に軽い高山病に似た症状が身体に表現されると言っても過言ではありません。

血流や負荷や伝達ミスが身体の状態を悪くし様々な症状を出すんですね~。


そのため、古傷を抱えた人は気圧の変化に敏感になり、明日の天気を体が感じ取ることが出来てしまうのです。


京都の整体、京都のカイロプラクティックなら京都中丸整体カイロプラクティックへ京都市西京区の整体・カイロプラクティック治療院骨格矯正・骨盤矯正・マッサージ予約制の完全プライベート♪隠れ家サロン♪【こんなお悩みでお困りではないですか?】首肩こり・慢性腰痛・頭痛・猫背・O脚・足のむくみ対策四十肩・五十肩・背部痛・股関節痛・膝の痛み・ギックリ腰腱鞘炎・肘の痛み・ムチウチ・ねんざ・生理痛・生理不順産後ケアの重要性・椎間板ヘルニア(肩・腰)手のしびれ・足のしびれなど 京都府京都市西京区川島六ノ坪町63-6バンブーシュート洛西口Ⅰ 203号室"Kyoto,Japan,chiropractic"阪急洛西口徒歩3分 JR桂川駅徒歩10分京都中丸整体カイロプラクティック
おまけに、梅雨の時期の花
(ハナショウブ)
アヤメ属の独特の姿をした青紫色の花を咲かせる多年草です。
雨空にもかかわらず全国のハナショウブの名所へ人々は足を運びます。
花言葉は、『よい便り』・『メッセージ』です
うんちくブログが、みなさんにとって
よいメッセージになればと想います。。。




 
 

痛みと天気予報の関係の続きを読む

1

« 2017年3月 | メインページ | アーカイブ | 2017年6月 »

まずはお気軽にお問い合わせください

〒615-8103
京都府京都市西京区川島六の坪町63-6
バンブーシュート洛西口Ⅰ203号室

075-925-5075

お問い合わせ