HOME > 施術について > 施術テクニック > アクティベーター

施術について

< ガンステッドテクニック  |  一覧へ戻る  |  トンプソンテクニック >

アクティベーター

アクティベーターメソッドとは?
カイロプラクティックという言葉の意味は、
カイロ=手         プラクティック=施す
カイロプラクティックは、手で施すという意味ですが、アクティベーターメソッドは手の代わりに器具を用いて矯正する方法です。
そのままですが、アクティベーターと呼ばれるバネ式の器具を用いて矯正します。
一見大きいおもちゃの注射器のような形をしていて、矯正の時にパチンと音がしますが、機械的な刺激であり、電気的なものではありません。
ボキボキやる矯正と違って痛みもなく、安全性も非常に高く、多くの方に支持を受けています。

通常、手では難しい部位や角度への矯正やスピードということを考えると非常に有効かつスペシフィック(限局的)なメソッドといえます。


アクティベーターの矯正
検査は特徴的で、機能的な足の長さを診て検査するのですが、その時にアイソレーションテストという様々な運動(首を動かしたり手を動かしたり)をしたり、ストレス・プレッシャーテストという骨をいい方向に軽く押したり悪い方向に軽く押したりすることで、筋肉のバランスをチェックします。
それと触診などの検査を行った上で、原因部位を特定し、アクティベーターで矯正します。
矯正により、関節の正しい動きを取り戻し、ひいては問題を起こしている神経圧迫を取り除くのです。

手よりピンポイントに悪い所に当てる事ができ、手より格段に早いスピードで矯正ができ、矯正音の出た時に関節を動かすために必要な周波数がでているため動かしやすいため、負担が少なく若い方からお年寄りまで使えるテクニックです。

< ガンステッドテクニック  |  一覧へ戻る  |  トンプソンテクニック >

カテゴリ:

まずはお気軽にお問い合わせください

〒615-8103
京都府京都市西京区川島六の坪町63-6
バンブーシュート洛西口Ⅰ203号室

075-925-5075

お問い合わせ