HOME > 施術について > 施術テクニック > ガンステッドテクニック

施術について

< SOT  |  一覧へ戻る  |  アクティベーター >

ガンステッドテクニック

ガンステッドテクニックとは?
カイロプラクティックの創始者D.Dパーマーが建てたパーマー大学の系列いわゆるパーマー系の代表的なテクニックです。
Dr.クラレンス S. ガンステッドDCによって創始されました。脊椎を矯正する方法として、最も科学的で建築学的な効率のよいテクニックとされています。

カイロプラクティックのテクニックの中でも最も難しいテクニックの一つで、かなりの高度な技術が必要です。その分効果もかなり期待できるテクニックです。

ガンステッドテクニックの施術
体の悪い部位を特定するのに、背骨のレントゲン写真を診て、独自の線引きを使った検査方法を使います。
まず問診をして探りをつけ、ナーブスコープといわれるサブラクセーション(悪さをしている骨)が存在する可能性のある部位を探しだす検査器具を使い、触診や関節の動的な可動域テストを行ってからレントゲンで確認をして最終的な原因部分を特定します。

それらを部分によって効果的な矯正のための各種テーブルがあり、特定した原因部分(サブラクセーション)をピンポイントでアジャストメント(矯正)します。

< SOT  |  一覧へ戻る  |  アクティベーター >

カテゴリ:

まずはお気軽にお問い合わせください

〒615-8103
京都府京都市西京区川島六の坪町63-6
バンブーシュート洛西口Ⅰ203号室

075-925-5075

お問い合わせ