HOME > 施術について > 施術テクニック > タイマッサージ

施術について

< ムチウチ  |  一覧へ戻る  |  キネシオテーピング >

タイマッサージ

タイマッサージとは?
タイマッサージとは、今から2千5百年前に仏陀の主治医シワカ・コマラパ師によってタイ伝統医学が確立されました。
そして、ワット(寺院)で仏教を教えるだけでなく、学校の代わりや病院の役割を果たすこともあり、そのワットでタイマッサージを体の悪い人たちに施されていたのです。
タイマッサージは、頭のてっぺんから足のつま先までの『セン』と言われる生命エネルギーラインをマッサージするため、体のあらゆる部分を施術の対象としています。
タイマッサージの施術効果は、現代医学的に証明されていて、タイではその効果に注目をして病院内で治療に応用する試みが行われ
頭痛、腰痛、肩コリ、生理痛、生理不順、喘息、高血圧、冷え症、便秘、アレルギーなど数十種類の症状に効果があることがわかっております。

タイマッサージを施す上で必要な事は、
『慈・悲・喜・捨』の心であり、この心得は(愛)という概念を4つに分類したものです。

『慈』とは、すべての生命あるものに対して、親愛の心をつくろうと自分の心を変えて相手中心に考える習慣をつけること。
『悲』とは、痛みに苦しんでいる人がいたら、その痛みを取り除いてあげたいと思う気持ちのこと。
『喜』とは、他人の痛みがなくなったら、本当によかったなあと素直に喜べる気持ちのこと。
『捨』とは、自分勝手な判断を捨てて、あるがままの姿を客観的に観ることを意味します。

このような仏教の教えとマッサージの一体化したものをタイマッサージとして広がっていったのです。

タイマッサージの施術
当院では、
・自律神経のバランスを取って体も心もリラックスさせる。
・筋肉の柔軟性を高め老化防止。
・呼吸の調整
・慢性化している症状の効果と予防
を、目的としてカイロプラクティックと整体に混ぜて施術させて頂いております。

< ムチウチ  |  一覧へ戻る  |  キネシオテーピング >

カテゴリ:

まずはお気軽にお問い合わせください

〒615-8103
京都府京都市西京区川島六の坪町63-6
バンブーシュート洛西口Ⅰ203号室

075-925-5075

お問い合わせ