HOME > 施術について > 症例集 > ゴルフ肘

施術について

< テニス肘  |  一覧へ戻る  |  野球肘 >

ゴルフ肘



ゴルフ肘とは肘の関節部の内側(上腕骨内側上顆)に痛みを起こす症状で、ゴルファーに多いため、これをゴルフ肘といいます。
物をつかんだり、ショットする時に痛みを覚えます。ゴルフ以外のいろいろな原因でもおこります。肘の関節部分の内側には、手首を手のひら側に曲げる筋肉がついています。手首や腕の使いすぎて、筋肉の付着部が炎症を起こしてこの症状が起こります。




ゴルフ肘の原因



上腕の屈筋郡(手首、指を曲げる筋肉)や手首を内にひねる筋肉の使いすぎによって、肘の内側上顆で腱や滑膜が炎症を起こします。
腕の屈筋をたくさん使うスポーツをする人などに起こります。

■ゴルフをしている方の場合
・プレイの前に準備運動やストレッチをしない
・肘を伸ばしすぎた
・コースで思いっきりダブりをした
・練習が多過ぎる
などが原因で生じます。




ゴルフ肘の症状



ゴルフ肘の症状は、肘の内側の痛みです。
手首を手のひら側へ動かしたときに痛みが起こります。物を掴んだり、何か荷物を持つとき、あるいはゴルフのショットする時に痛みを覚えます。
小指や薬指に痛みが広がることもあります。




当院が行うゴルフ肘に対する施術



肘の関節の働きを評価しながら、関節の可動域や筋肉、腱のコンディションの改善を図ります。
肘の痛みは肘の調整だけでも症状が取れることがありますが、治りが悪いときは肩や前腕、手首など上肢帯に関する部位の施術を行う必要があります。

なかなか治らない肘の痛みをお持ちの方は、京都中丸整体カイロプラクティックにお気軽にご相談下さいね!

< テニス肘  |  一覧へ戻る  |  野球肘 >

カテゴリ:

まずはお気軽にお問い合わせください

〒615-8103
京都府京都市西京区川島六の坪町63-6
バンブーシュート洛西口Ⅰ203号室

075-925-5075

お問い合わせ