HOME > 施術について > 症例集 > 足底筋膜炎

施術について

< 足首の痛み  |  一覧へ戻る  |  偏平足 >

足底筋膜炎





足底筋膜炎は、様々な負担により足底腱膜に炎症が生じた状態であり、
主にかかとの周辺に痛みを感じます。

40〜50代に多くみられますが、
足に負担をかけるスポーツ選手にも発症しやすい症状です。

 




 
足底筋膜炎の特徴


足底腱膜炎(足底筋膜炎)は、主に足の裏(特に踵の内側)に痛みを出します。

足の裏の痛みで京都市西京区の整体をお探しの方は、京都中丸整体カイロプラクティックへ

発症された方の訴えとしては、
 
・朝起きた時やずっと座った後の第一歩で踵に痛みがでる
・運動開始時や運動後に痛みが出る
 
などがあります。症状がひどくなると、体重を乗せるだけで痛むようになります。

 
 
足底筋膜炎の原因


足底筋膜炎の原因として挙げれるのは、激しい運動や足のオーバーユースによるもの、
疲労や運動不足による柔軟性の低下などです。
その結果、足底腱膜に微細損傷がおこり、
小さな炎症が繰り返され徐々に痛みが現れます。
また運動後、クールダウンをしない場合も疲労が蓄積し、筋肉が硬くなり痛みを生じさせます。
逆に運動不足でも足底アーチが崩れ、筋肉が硬くなり足底腱膜炎へつながる場合もあります。
 

 
当院の足底筋膜炎に対する施術


京都中丸整体カイロプラクティックが、
足底筋膜炎に対するケアは、
炎症による痛みが強い場合は、アイシングなどの物理療法を使用し、テーピングなどで負担を軽減させます。
足底筋膜と足底アーチに関わる筋肉(すね・ふくらはぎ・太もも・お尻など)の筋肉の緊張を緩和させ、関連する関節の動きを調整していきます。
また再発防止のため、日常生活での靴の選択や歩き方のご提案、関係する筋肉のストレッチやエクササイズをご指導いたします。
京都市西京区で足底筋膜炎でお悩みの方は、一度京都市西京区の整体・カイロプラクティック院
京都中丸整体カイロプラクティックへご相談ください。


< 足首の痛み  |  一覧へ戻る  |  偏平足 >

カテゴリ:

まずはお気軽にお問い合わせください

〒615-8103
京都府京都市西京区川島六の坪町63-6
バンブーシュート洛西口Ⅰ203号室

075-925-5075

お問い合わせ