HOME > 施術について > 施術テクニック > PNF

施術について

< アイシング  |  一覧へ戻る  |  AKA >

PNF

PNFとは?
proprioceptive(固有受容器)
身体のいたるところにある刺激を受ける感覚受容器をいみします。
感覚受容器は、皮膚・体内器官・筋肉・腱・関節・前庭器官などに存在し、視覚や聴覚なども感覚受容器の一種です。

neuromuscular(神経筋)
心身の伝達機能である神経や体を動かす筋肉に関係することです。

facilitation(促通)
神経伝達機能を高め動作が容易になる事です。いろいろな刺激に対して反応速度が高まる事です。

の略で、PNFは、1940年代にアメリカで生まれで、『障害者を含め全ての人間は、未だ引き出されてない潜在能力を持っている。』という哲学に基づいて行われるリハビリテーション治療技術のひとつであり、筋肉が本来持っている動きができるように病院でも活用されている運動療法です。
神経にアプローチする唯一の徒手療法で、スポーツ選手やモデル、ダンサーの方などにも幅広く支持されている技術です。

PNFの施術
PNFは神経障害、筋力低下、協調不全、関節可動域制限などの改善や、日常生活に必要な機能を向上させるために施術者の徒手により適切な刺激と操作を加えます。

< アイシング  |  一覧へ戻る  |  AKA >

カテゴリ:

まずはお気軽にお問い合わせください

〒615-8103
京都府京都市西京区川島六の坪町63-6
バンブーシュート洛西口Ⅰ203号室

075-925-5075

お問い合わせ