HOME > 院長ブログ > 症状 > ぎっくり腰でマッサージは危険!!京都桂川の整体院【京都中丸整体カイロプラクティック】

院長ブログ

< 京都桂川で産前・産後ケア(骨盤矯正)の整体院の選び方  |  一覧へ戻る  |  4月の旬ホタルイカを食べてみてはイカが?|京都中丸整体カイロプラクティック >

ぎっくり腰でマッサージは危険!!京都桂川の整体院【京都中丸整体カイロプラクティック】



ぎっくり腰でお困りになられると、「少しでも楽になりたい」からと近くのマッサージ屋さんに行きますか?それは非常に危険ですので、おすすめできません。近くのマッサージ屋に行って悪化させたり、ヒドイ場合は立てなくなって救急車を呼ぶコトになる方がいます。

ぎっくり腰は整形外科病院の先生でも、腰を解すようなマネはしません。でもどうしても痛くて溜まらないぎっくり腰をなんとかするならどうすれば良いでしょうか?




桂川付近で、ぎっくり腰でマッサージ屋はどうなの?



そもそも、マッサージ店は癒しを提供する場所であり、施術や治療を目的にはしていません。

ぎっくり腰であなたは、癒されたいと思うなら行くべきですが、皆さま痛みを和らげて欲しいのと、治して欲しいと思います。


そうなると、ぎっくり腰ではマッサージ店への選択は遠回りだと思います。





桂川付近で、ぎっくり腰の時にお店を選ぶ基準



ものすごく単純なのですが、

電話で予約する時に「ぎっくり腰なんですけど、なんとかなりますか?」と聞いて下さい。

チェーン店なら門前払いになりますが、2~3店舗ほどのお店ならOKが出る場合があります。その場合はぎっくり腰の人に慣れている人が担当する様にウラで動いています。

お店側としても、ぎっくり腰を悪化させて責任問題や風評被害を受けるコトを避けたいです。その為に「ぎっくり腰でもとりあえず予約取る」と言う発想になりません。ぎっくり腰と伝えても予約を取れるなら、少しでもマシにできるスタッフがいると思って良いです。

※それでも悪化させられるコトもあります。



桂川付近で、ぎっくり腰の時に整骨院は?



では国家資格を持っている整骨院なら大丈夫か?と聞かれれば、それも考えた方がいいです。国家資格はあくまで、国家試験に受かる程度の知識を持っていた証拠にしかなりません。

以外に思われるかも知れませんが、専門学校では治療の勉強はほとんどしません。これが、日本の現実です。そのため、その先生がゼミや勉強会・セミナー・独学などで学ぶしかありません。だから、同じ柔道整復師でも技術に大きな差があります。



桂川付近で、ぎっくり腰には整体はあり?

では最近増えてきた整体院ではどうなのか?

整体院は整骨院と違い、国家資格が必要ありません、なので誰でもなれる訳です。しかし大事なのは、資格ではなく、「ぎっくり腰に慣れているか?」を確認した方が良いです。


整体院は基本的に腰痛・肩こりなどの慢性的な症状を専門としています。ぎっくり腰などの急性の物は苦手な所も多いです。

HPなどを確認し、腰痛に強そうか?ぎっくり腰について記載があるか?確認した方が良いと思います。



当院のぎっくり腰のアプローチについて、
詳しくは→「当院のぎっくり腰の施術」をご覧下さい




ぎっくり腰でマッサージしてはいけない部位



このぎっくり腰は何パターンもありますので、その状態によって対処法もバラバラです。マッサージしてはいけない部分も変わってきます。ですが目安として、この様な人の場合はココはNGと言うのもあります。

 

◯反り腰のぎっくり腰の方は、うつ伏せで後ろから前に押すマッサージは大大大NGです。

この場合は、腹筋の下の大腰筋をほぐすのがとても良いです。



◯腰が後ろに出て、フラットバック(湾曲がなくまっすぐな腰の人)は、整体力学的に後ろから前に押すのは、OKです。

ただ、炎症も考慮しながらできる施術所に行かないと、とても危険です。




当院は、腰痛・ぎっくり腰を得意としています。




京都の桂川周辺でのぎっくり腰の整体をお探しの方は、京都中丸整体カイロプラクティックにお気軽にご相談くださいね!



京都中丸整体のぎっくり腰を解決する4つのステップ


向日市 肩こり・首の痛みの整体院【京都中丸整体カイロプラクティック】へ
1.施術者が、国内最高峰の学校を卒業した国際基準のカイロプラクターです

  3300時間に及ぶ基礎科学・カイロプラクティック科学・臨床科学を学び、弟子入りし
  他の医院でも臨床経験を学びトータル施術2万人以上の経験のある施術者がお客様の悩み
  を解決に導きます。

2.患者様自身が歪みの原因を「実感して、理解できる」カウンセリングと検査

  カウンセリングでじっくり時間をかけて生活や姿勢の習慣、通院経歴などをお伺いし、
  検査を行います。患者様がご自身で原因を実感し、理解してもらえるように、
  患者様目線でわかりやすくご説明いたします。

3.根本改善を目的とした、お一人お一人に合わせたオーダーメイドの整体

  徹底したカウンセリングのデータを元に患者様の痛み・歪みの根本的な原因に
  アプローチします。リラクゼ―ション目的の整体やマッサージとは違い、根本改善を
  目的とした施術なので、効果が持続しやすく再発しない体へと導いていきます。

4.施術後もより効果が持続するようにしっかりアドバイス


  アフターケアカウンセリングと施術の結果を元に、姿勢改善や生活習慣の指導から
  栄養アドバイスまで、施術後も再発しないように、しっかりケアします。




京都市西京区で産後の腰痛でお悩みの方は、京都中丸整体にご相談ください!
↑タップしてください↑


LINEでのご予約も簡単♪OK!!

LINEのID:yoe1146






 
初回料金


5000円+初診料3000円が、

今なら、初診料無料5000円〈税込



結果にこだわったワンランク上の施術を体感してください。





京都中丸整体カイロプラクティック

京都の整体、京都のカイロプラクティックなら京都中丸整体カイロプラクティックへ
骨格矯正・骨盤矯正・マッサージ
予約制の完全プライベート♪隠れ家サロン♪
 
京都府京都市西京区川島六ノ坪町63-6

バンブー
シュート洛西口Ⅰ 203号室

"Kyoto,Japan,chiropractic"
阪急洛西口徒歩3分 JR桂川駅徒歩10分

~ 京都 中丸整体カイロプラクティック ~


 

カテゴリ:

< 京都桂川で産前・産後ケア(骨盤矯正)の整体院の選び方  |  一覧へ戻る  |  4月の旬ホタルイカを食べてみてはイカが?|京都中丸整体カイロプラクティック >

同じカテゴリの記事

プロだけが知っている膝の内側の痛みの可能性と解消法!京都の整体【京都中丸整体カイロプラクティック】



膝の内側の痛みで悩んでおられる方は、実に多く、京都中丸整体カイロプラクティックに来られる患者様にも非常に多い症状です。


今や膝痛の推定患者数は1000万人といわれています。「最近では正しい歩き方ができていない若年層も多くなり、膝痛予備軍は年齢を超えて増え続けている」とされています。


今回は膝痛の内側が痛む疾患、症状、そして膝の内側の痛みの対処方法と予防法として簡単にできる筋肉のストレッチ・トレーニング方法を皆さんに知って頂きたいと思います。



膝の内側の痛みで考えられる疾患



変形性膝関節


 


50代以上の人の膝痛で内側の痛みが強いようなら、変形性膝関節症の可能性が高いでしょう。変形性膝関節症は、軟骨のすり減りによって関節内に炎症が生じる、膝の代表的な病気。厚労省発表のデータによると、50代以上の日本人のうち2400万人に発症していることが分かっています。

「高齢者に起こる膝痛でしょ?」と思っている人も安心している場合ではありませんよ。スポーツを習慣にしていないのに膝の内側が痛いという場合、40代でも変形性膝関節症を発症している可能性は十分に考えられます。

変形性膝関節症の主な初期症状
・動き始めるときに膝の内側が痛む
・階段の上り下りで膝の内側が痛む
・膝がこわばる


詳しくはこちら「変形性膝関節症の施術」




曲げると膝の内側が痛い「鵞足炎」



鵞足炎とは

膝の内側には、縫工筋、半腱様筋、薄筋という3種の太ももの筋肉と脛(すね)の骨をつなぐ腱が集まっています。この部分が、鵞足。集まった3つの腱の形がガチョウの足に似ていることから、そう呼ばれています。

鵞足炎の直接的な原因は、膝の曲げ伸ばしなどで生じる鵞足と脛の骨との摩擦です。鵞足の腱と腱が擦れるということもあります。ランニングでのオーバーユースでよく起こりますが、他にも関係する筋肉が硬いことも要因にあげられるでしょう。

鵞足炎の主な症状
・膝の曲げ伸ばしで内側(の少し下)が痛む
・膝の内側を押すと痛い
・膝に腫れや熱感が見られる


詳しくはこちら「鵞足炎の施術」




膝の内側を押すと痛い「内側側副靭帯損傷」



内側側副靭帯損傷とは

特にサッカー選手に多いスポーツ障害です。と言うのも、膝の内側に位置する内側側副靭帯は、急な方向転換などでも膝が内側に動き過ぎないよう、大腿骨(だいたいこつ:太ももの骨)と脛骨(けいこつ:すねの骨)をつないで支えている組織。膝を内側に曲げて切り返す動作の多いサッカーでは、その負荷が蓄積されたことや、膝を内側に曲げた状態で接触などの強い衝撃が加わることで、内側側副靭帯にダメージを負いやすいのです。ラグビーやアメフトにも同様のことが言えます。

「膝のねんざ」と言われるほど、膝の靭帯の損傷では発生頻度の高いこの疾患。急性期(ケガを下初期)にしっかり固定するなどきちんと処置すれば、比較的治りやすいと言えるでしょう。ただ、放置したり処置が不適切だと治療が難しくなるなります。ケガはだいたいそうですが、最初が肝心ということですね。

内側側副靭帯損傷の主な症状
・膝の内側を押すと痛い
・膝に腫れや熱感が見られる
・膝の不安定さを感じる



詳しくはこちら→「靭帯損傷の施術



膝の水たまりの原因「半月板損傷」



半月板の構造

大腿骨と脛骨の間に存在する半月板。膝関節への衝撃を和らげたり、安定させる役割を果たしています。膝の外側と内側にそれぞれ1枚ずつあり、内側の半月板損傷で膝の内側に痛みが出ることがあります。

スポーツや事故などで膝に強い衝撃が加わることで、傷つくのがこの疾患の主な原因ですが、負担の蓄積や加齢で変性することなどもあげられます。そのため、変形性膝関節症や内側側副靭帯損傷など、他の疾患に合併して起こることも少なくありません。

半月板損傷の主な症状
・膝を曲げ伸ばししたときのひっかかり
・膝の裏側が痛いこともある
・膝に水がたまる
・膝のロッキング現象


詳しくはこちら「半月板損傷の施術」



膝で音がする「タナ障害」



滑膜ヒダと言われる膜に覆われている膝関節。その膜のうち、膝蓋骨(しつがいこつ:膝のお皿)と大腿骨の内側の間にある膜が棚状であることから、「タナ」と例えられています。これは、胎児のときに一時的につくられ、大きくなるにつれてなくなっていくものです。半数ほどがそのまま持って生まれてきますが、それは特に問題ではありません。これが炎症するタナ障害を起こすと膝の内側に痛みが生じます。

原因は、オーバーユース。つまり、使いすぎです。スポーツなどで膝の曲げ伸ばしを過剰に行うと、タナが骨とこすれたり、関節に挟まったりすることも。これで炎症が起こるのです。細いものや厚みのあるものなど形状が様々ですが、特に厚みがあり太い(幅が広い)タナに多くみられる傾向があります。

タナ障害の主な症状
・膝の内側にひっかかり感がある
・「コリ」「パキ」など膝から音が聞こえる
・膝を曲げると内側が痛い



鵞足炎と間違えることもある「疲労骨折」



一度で骨折に至るような強い衝撃ではなく、小さな負担が蓄積されて骨にひびが入ったり、それが進行して骨折すること。スポーツでのオーバーユースもそうですが、筋力の弱さや筋肉の硬さも影響します。疲労骨折は、足の甲と指の骨をつなぐ中足骨(ちゅうそっこつ)に最も起こりやすく、整形外科学会の発表では37%。膝には関係ないと思われるかもしれませんが、脛骨が27%と、中足骨に次ぐ好発部位と言われています。

レントゲンで骨折が確認できれば正しく診断可能です。ただ、鵞足と位置がかぶるため、鵞足炎と間違って診断されることもあります。また、レントゲンは骨折線がはっきりしないと写らないので、発症から2〜3週間ほどしないと確認が難しい場合も。他の診断方法で言えば、MRI検査は水分量の変化を見ることができるので早い段階で確認できます。

疲労骨折の主な症状
・運動したときに痛い
・動いていないときは痛くないことが多い
・腫れることもある




京都中丸整体カイロプラクティックではこんな可能性も考えます




O脚

皆さんご存知の通り、内側のくるぶしを合わせて立ったときに、太ももや膝の内側がくっつかない状態がO脚です。O脚と言っても、どこに異常があるかで種類が異なります。例えば、太ももや膝はくっつくけれど、膝下に隙間があるタイプ。これは脛骨や腓骨(ひこつ)といったふくらはぎの骨の問題で起こります。また、股関節や足関節(足首の関節)が内側にねじれていることで起こるO脚も。

このように、股関節、膝関節、足関節の配列の乱れから膝の内側への負担が蓄積されています。その蓄積だけでも機能障害が起こることはありますが、この状態でスポーツすることで負担は倍増。膝の内側に痛みが生じる、何かしらの疾患が起こりやすいと言えるのです。



筋力不足

膝の痛みは内側に限らず、筋力と深い関係にあります。というのも、膝への負担を筋力でサポートして軽減しているから。つまり、筋力が低下するとそれだけ膝への負担は大きくなるということです。スポーツをしている人だと筋力不足ということは少ないかもしれませんが、加齢が要因となる変形性膝関節症やそれに伴う半月板損傷などでは、この関係が疑われます。



筋肉が硬い

筋力不足もそうですが、筋肉が硬いことも原因のひとつにあげられます。「”筋肉が硬いと膝痛が起こる”を防ぐ4つの実践ストレッチ」でも触れたように、筋肉が硬いということは、筋肉の収縮が続いているということ。そのため、筋肉と骨をつなぐ腱への負担が大きくなり、オーバーユースを起こしやすいと考えられます。

また、この筋肉の硬直によって通常よりも骨は引っ張られた状態に。これが続くことは、関節のアライメント(配列)不良、つまりO脚を引き起こすことにもつながるのです。



 


膝の内側が痛む時の対処方法



ストレッチ


太ももの後ろの筋肉(ハムストリング)

お尻


 

太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)


 

太ももの内側の筋肉(内転筋)


 

 


それぞれ、30秒ほどで1セットとし1日2・3セットを目安にすると効果は表れやすいです。

ストレッチの詳しいやり方についてはこちら「ストレッチの効果的なやり方」



膝が痛む前に予防トレーニング方法


お尻の筋肉(大臀筋)

 

太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)



 

太ももの内の筋肉(内転筋)



まずは整形外科病院もしくは信頼のある整体院・接骨院に行って診てもらうのが良いでしょう!!

トレーニングでは、筋力増加と姿勢保持、女性に嬉しい脚の引き締めや骨盤の開きを予防するメリットがあります。将来の膝の痛みの為だけではなく、数ヶ月先の美しい脚の為にも今から始めてみませんか?




また京都西京区の桂周辺での膝の内側の痛みの整体をお探しの方は、京都中丸整体カイロプラクティックにお気軽にご相談くださいね!



京都中丸整体の膝の痛みを解決する4つのステップ


向日市 肩こり・首の痛みの整体院【京都中丸整体カイロプラクティック】へ
1.施術者が、国内最高峰の学校を卒業した国際基準のカイロプラクターです

  3300時間に及ぶ基礎科学・カイロプラクティック科学・臨床科学を学び、弟子入りし
  他の医院でも臨床経験を学びトータル施術2万人以上の経験のある施術者がお客様の悩み
  を解決に導きます。

2.患者様自身が歪みの原因を「実感して、理解できる」カウンセリングと検査

  カウンセリングでじっくり時間をかけて生活や姿勢の習慣、通院経歴などをお伺いし、
  検査を行います。患者様がご自身で原因を実感し、理解してもらえるように、
  患者様目線でわかりやすくご説明いたします。

3.根本改善を目的とした、お一人お一人に合わせたオーダーメイドの整体

  徹底したカウンセリングのデータを元に患者様の痛み・歪みの根本的な原因に
  アプローチします。リラクゼ―ション目的の整体やマッサージとは違い、根本改善を
  目的とした施術なので、効果が持続しやすく再発しない体へと導いていきます。

4.施術後もより効果が持続するようにしっかりアドバイス


  アフターケアカウンセリングと施術の結果を元に、姿勢改善や生活習慣の指導から
  栄養アドバイスまで、施術後も再発しないように、しっかりケアします。




京都市西京区で産後の腰痛でお悩みの方は、京都中丸整体にご相談ください!
↑タップしてください↑


LINEでのご予約も簡単♪OK!!

LINEのID:yoe1146






 
初回料金


5000円+初診料3000円が、

今なら、初診料無料5000円〈税込



結果にこだわったワンランク上の施術を体感してください。





京都中丸整体カイロプラクティック

京都の整体、京都のカイロプラクティックなら京都中丸整体カイロプラクティックへ
骨格矯正・骨盤矯正・マッサージ
予約制の完全プライベート♪隠れ家サロン♪
 
京都府京都市西京区川島六ノ坪町63-6

バンブー
シュート洛西口Ⅰ 203号室

"Kyoto,Japan,chiropractic"
阪急洛西口徒歩3分 JR桂川駅徒歩10分

~ 京都 中丸整体カイロプラクティック ~

なぜ足を組んでしまうのだろう?悪循環を断つ方法とメカニズム!!|京都 整体【京都中丸整体カイロプラクティック】




直したいのに直せない…椅子に座ると脚を組む癖

椅子に座った時に脚を組んだ方が楽だ、と感じたことはありませんか?
「椅子に座ると、どうしても脚を組んでしまう……」。身体が歪むから止めた方が良いと分かっていても、脚を組まないと落ち着かないという方も多いのではないでしょうか。通勤電車内や職場でも、椅子に座るとすぐ脚を組んでしまう人をよく見かけます。京都中丸整体カイロプラクティックの患者様でないことは祈るまで
です。。。笑
では、何故人は脚を組んでしまうのでしょうか? 脚を組まないためにはどうすれば良いのでしょう? 脚を組んでしまう理由と、脚を組まずに座るための予防、対処法を解説します。



脚を組みたくなるのは腰痛・肩こりのサイン?




腰痛や肩こりなど、身体の不調がある方を対象に姿勢や筋肉の状態を確認しました。すると、骨盤の高さに左右差が見られるなど、身体の歪みが顕著に現れていました。椅子に座って脚を組んでしまう理由を伺うと……



・椅子に座るとついつい、脚を組んでしまう
・気が付くと脚を組んで座っている
・脚を組むと落ち着く・少し楽な気がする
・脚を組まないと体が斜めになっている感じがする

といった「無意識的に、なんとなく……」という意見が多いと感じました。そこで、腰痛や肩こりなどを訴える方を対象に、筋肉の緊張をほぐすための施術やストレッチを教えさせて頂きました。すると、施術スケジュールに沿って計画的に来られる患者様は、回を重ねるごとに姿勢バランスが安定し、「脚を組まずに済むようになった」という喜びの声が多く聞こえました。施術を行っていると、脚組みと身体の歪み、姿勢バランスとの関係がよくわかるように思います。



脚を組む習慣には要注意! 脚を組むと「ラク」に感じる理由


身体が歪み日常の姿勢が悪くなると、椅子にじっと座っていることがつらくなるケースはよくあります。デスクワークなどで長時間椅子に座っているとなんとなく脚を組んでしまう方は、以下のような症状には思い当たる点があるのではないでしょうか?


・腰や背中の違和感や痛みがある
・脚を下げておくと何だか気持ちが悪い
・足が冷たくなってくる
・体が傾いている気がして集中力に欠ける

これらの症状がある場合、脚を組むと一時的に骨盤のバランスが変化し、腰の筋緊張が緩和したように感じたり、下肢の不快感が改善されたりします。これが脚組みをしてしまう原因かもしれません。これは一時的なものなので、脚組みが習慣化すると慢性的な体の歪みやコリ・痛みの要因になりかねないため注意が必要です。


脚を組むことはコリや痛み、姿勢の歪みを繰り返す悪循環に、、、




脚を組むから身体が歪むのか? それとも身体が歪んでいるから脚を組むのか? 脚を組むこと、身体の歪み、どちらが原因なのか、疑問に思う方もいるかもしれません。これは、相互に関係すると考えられます。

左右の
お尻の下にの平が触れるように、お尻と椅子の座面の間に手を置き座ってみます。この時、お尻の位置が左右で大きくズレていたり、手の平にかかる圧の左右差が大きい場合は、骨盤の歪みが起きている可能性が高いです。

さらに脚を組んでみると、手のひら側に当たる坐骨の位置や重みに変化が見られます(慣れないと感覚的に分かりにくい人もいるかもしれません)。脚を組むことで、左右の圧が異なる状態を長時間続けると、座る姿勢をつくるための土台である骨盤が不安定になってしまいます。


不安定な状態のままで過ごしていると、人はあちこちの筋肉を働かせて、身体のバランスをとろうとします。この動きが筋肉を硬く緊張させ、コリや痛みを引き起こしてしまう場合があるのです。すると、この姿勢が当たり前になってしまい、普段の姿勢にも歪みが生じます。
そうして、椅子に座る時には脚を組んだ方が楽に感じるという
「悪循環」から抜け出しづらくなるのです。

そのまま体の歪みや筋肉のハリ放置することで痛みが出たりだるさや凝り感がさらに悪化していき
さらには、歪みやハリのせいで筋肉をうまく使えなくなり体型が変わったり代謝が落ちて太りやすくなったりするのです。

悪循環を断つためにには、日ごろの癖(利き手、足組み、片足加重など)を見直し左右バランスよく使うと共に、歪みの矯正・的確にはっているところ
へのストレッチ、弱ってしまった筋肉のトレーニングをして悪循環から抜け出すしかありません。



京都 西京区の桂周辺で
整体をお探しの方は、京都中丸整体カイロプラクティックにお気軽にご相談くださいね!




京都中丸整体の歪みや不調を取り除く整体の4つのステップ


向日市 肩こり・首の痛みの整体院【京都中丸整体カイロプラクティック】へ
1.施術者が、国内最高峰の学校を卒業した国際基準のカイロプラクターです

  3300時間に及ぶ基礎科学・カイロプラクティック科学・臨床科学を学び、弟子入りし
  他の医院でも臨床経験を学びトータル施術2万人以上の経験のある施術者がお客様の悩み
  を解決に導きます。

2.患者様自身が歪みの原因を「実感して、理解できる」カウンセリングと検査

  カウンセリングでじっくり時間をかけて生活や姿勢の習慣、通院経歴などをお伺いし、
  検査を行います。患者様がご自身で原因を実感し、理解してもらえるように、
  患者様目線でわかりやすくご説明いたします。

3.根本改善を目的とした、お一人お一人に合わせたオーダーメイドの整体

  徹底したカウンセリングのデータを元に患者様の痛み・歪みの根本的な原因に
  アプローチします。リラクゼ―ション目的の整体やマッサージとは違い、根本改善を
  目的とした施術なので、効果が持続しやすく再発しない体へと導いていきます。

4.施術後もより効果が持続するようにしっかりアドバイス


  アフターケアカウンセリングと施術の結果を元に、姿勢改善や生活習慣の指導から
  栄養アドバイスまで、施術後も再発しないように、しっかりケアします。




京都市西京区で産後の腰痛でお悩みの方は、京都中丸整体にご相談ください!
↑タップしてください↑


LINEでのご予約も簡単♪OK!!

LINEのID:yoe1146






 
初回料金


5000円+初診料3000円が、

今なら、初診料無料5000円〈税込



結果にこだわったワンランク上の施術を体感してください。





京都中丸整体カイロプラクティック

京都の整体、京都のカイロプラクティックなら京都中丸整体カイロプラクティックへ
骨格矯正・骨盤矯正・マッサージ
予約制の完全プライベート♪隠れ家サロン♪
 
京都府京都市西京区川島六ノ坪町63-6

バンブー
シュート洛西口Ⅰ 203号室

"Kyoto,Japan,chiropractic"
阪急洛西口徒歩3分 JR桂川駅徒歩10分

 




京都中丸整体【西京区桂】股関節痛の構造と原因

西京区 整体 桂 股関節痛でお悩みの方へ

◎股関節痛は
京都中丸整体院にお任せください!

西京区 桂 京都中丸整体院は腰痛、骨盤矯正、坐骨神経痛、股関節痛など腰痛症状に特化した専門院です。
このページには「股関節の構造」「股関節痛の主な原因」など書いてあります。
お時間を取ってじっくりご覧ください。


股関節の構造と働き 
京都中丸整体院





股関節とは骨盤と足の骨をつないでいる部分です。よく鼠径部(足の前側の付け根)と勘違いされてしまいますが、股関節は後ろ側の部分を指します。 

股関節は歩行・姿勢の保持などの役割があり、身体の土台を支える大事な関節です。股関節が硬いと、あぐら、横座り、女の子座りなど、床に座った時に座りやすい座り方とやりにくい座り方が出てきます。
試しに色々な座り方で座って確認してみましょう。意外と座りにくい座り方があるものです。



股関節痛の主な原因 
京都中丸整体院




①先天性股関節脱臼

これは生まれつき、股関節の溝が浅く、外れやすい事が原因で痛みを感じる場合です。赤ちゃんの頃、あまりハイハイをせず、比較的早い段階で歩いた方に多いです。
このようなケースはあまり多くありませんが、大元の原因が股関節の溝の浅さですので、整体を受けることで完治するという事はありませんが、股関節周辺の筋肉の調整をすることで、痛みを気にすることなく、普段の生活を送ることは可能です。


②股関節周辺の筋肉の緊張

股関節周辺にはたくさんの筋肉がついています。
背骨と骨盤をつなぐ筋肉。
骨盤と足の骨をつなぐ筋肉など。
股関節痛の一番多いケースでは背骨と足の骨をつなぐ筋肉の緊張です。
レントゲン・MRIを撮っても特に異常がないと言われれば、ほぼこの筋肉が原因であることが多いです。

ここからが本題です。

では、なぜ股関節周辺の筋肉が緊張してしまうのか?

それは立ち方・歩き方・座り方・座る時間などの生活習慣です。
突別な事ではないのです。
確かに股関節脱臼や臼蓋形成不全であると、痛みは出やすいですが、このような方々でも痛みや違和感が無く生活できている方は大勢いらっしゃる現状があるのです。

股関節脱臼=股関節の痛みではありません。

生活習慣に問題がある方=股関節の痛みがある方なのです。
当院には股関節の痛みが多い方は大勢いらっしゃいますが、立ち方や歩き方に問題がある方がほとんどです。
それは「立ち方・歩き方が自己流であるから」です。
股関節に負担をかけて立ってしまっているのです。
何も特別な事をしていなくても、常に股関節に負担をかけていれば、それは疲労してきます。

西京区 桂 京都中丸整体院では股関節に負担のかかりにくい立ち方・歩き方・座り方をレクチャーいたします。
是非一度ご相談ください。



京都【西京区】桂の整体!おすすめの膝の痛み改善法と予防方法!!!



中高年の悩みで特に多い「膝痛」。今や推定患者数は1000万人といわれています。「最近では正しい歩き方ができていない若年層も多くなり、膝痛予備軍は年齢を超えて増え続けている」と、いわれています。桂駅でも階段を上り下りするのにつらそうな方をときたま見ます。
今回は膝痛がなぜおきるのか、そして膝痛のおすすめの予防法としての正しい歩き方と簡単にできる筋肉トレーニング方法
について書きます。


膝痛はどうして起こるのでしょうか?



膝痛というのは膝関節の痛みです。この小さな関節に体重の負荷がかかりますが、つるつるしている軟骨が摩擦をやわらげたり、靭帯や筋肉のサポートで衝撃を和らげています。

しかし、加齢による骨の新陳代謝の低下や軟骨へのストレスで膝痛が起きてきます。軟骨へのストレスとは冷え、肥満、過去のけが、O脚やX脚、運動や仕事による膝への負担、筋力の低下などです。とくに脚の内側の筋肉が弱くなってくると、膝関節が不安定になり、膝痛の原因になります。

「軟骨」が骨の両端を覆い、骨同士がぶつからないようにクッションのような役目をしてい
ます


膝痛をほおっておくと、歩けなくなる!?



「立ち上がるときに痛い」「階段の下りや歩き出しのときに痛い」という膝痛のほとんどは「変形性膝関節症」です。膝の内側の軟骨がすり減って、骨同士が接触しやすくなることにより、炎症を起こしたり、骨の位置がズレたりします。
中高年の膝痛の9割以上が、この変形性膝関節症だといわれています。

また、変形性膝関節症は、男性より女性に多いのが特徴です。

その理由は、


●もともと女性は男性より筋肉量が少ない
●加齢とともに基礎代謝が低下して太りやすくなるため、関節にかかる負荷が大きくなる
●閉経とともにホルモンの分泌が減少し、骨が弱くなる

などがあげられ、進行すると、激しい膝の痛みで歩けなくなり、関節の変形につながります。
痛みを感じないときから、膝痛予防をすることが肝心です。




膝痛のおすすめの予防方法


 

膝痛予防1:正しい歩き方を習慣づける



正しい歩き方をするだけで、膝痛予防に大切な大臀筋と内転筋が鍛えられます。 最近は若い人たちでも歩き方が原因で大臀筋が低下して、体を支えられず普通に座ることもできない人が増えています。

正しい歩き方とは前に脚をだしたときに膝が伸びていること。膝を曲げたまま歩いていると、ある一定の部分だけに負荷がかかり、膝の皿(膝蓋骨)が不安定になって膝痛を起こします。

反対に、悪い歩き方とは、歩幅が狭く、膝を曲げた歩き方です。時々、ショーウィンドーなどを見て、自分の歩き方をチェックしてみましょう。

正しい歩き方=腕は自然に振る/背筋を伸ばす/膝を伸ばす/かかとから着地/母趾でしっかり蹴りだす

前足はかかとからついて、後ろ足は母趾でしっかり蹴りだします。
かかとからついて重心を移動させると、膝が自然と伸びます。



膝通予防2:とっても簡単! 大臀筋と内転筋、大腿四等筋トレーニング

脚筋すべての筋力の低下が膝痛に影響します。中でもお尻の筋肉である大臀筋と、広い範囲で脚をサポートする内転筋、膝関節の衝撃から膝を守る大腿四頭筋の筋力の低下が関係しています。



お尻のトレーニング

太ももの前(大腿四頭筋)のトレーニング


太ももの内側(内転筋)のトレーニング

どれも1分たらずでできるおすすめのトレーニングですので、毎日の習慣にしましょう。痛みの初期段階で行うのが効果的ですが、痛みをまだ感じていない人も予防としておすすめします。

痛みがひどい方は、整体や接骨院などにいって適切な判断のもと施術を受けられるのがおススメです。

また京都西京区の桂周辺での整体をお探しの方は、京都中丸整体カイロプラクティックにお気軽にご相談くださいね!




京都中丸整体の膝痛を改善する4つのステップ


向日市 肩こり・首の痛みの整体院【京都中丸整体カイロプラクティック】へ
1.施術者が、国内最高峰の学校を卒業した国際基準のカイロプラクターです

  3300時間に及ぶ基礎科学・カイロプラクティック科学・臨床科学を学び、弟子入りし
  他の医院でも臨床経験を学びトータル施術2万人以上の経験のある施術者がお客様の悩み
  を解決に導きます。

2.患者様自身が歪みの原因を「実感して、理解できる」カウンセリングと検査

  カウンセリングでじっくり時間をかけて生活や姿勢の習慣、通院経歴などをお伺いし、
  検査を行います。患者様がご自身で原因を実感し、理解してもらえるように、
  患者様目線でわかりやすくご説明いたします。

3.根本改善を目的とした、お一人お一人に合わせたオーダーメイドの整体

  徹底したカウンセリングのデータを元に患者様の痛み・歪みの根本的な原因に
  アプローチします。リラクゼ―ション目的の整体やマッサージとは違い、根本改善を
  目的とした施術なので、効果が持続しやすく再発しない体へと導いていきます。

4.施術後もより効果が持続するようにしっかりアドバイス


  アフターケアカウンセリングと施術の結果を元に、姿勢改善や生活習慣の指導から
  栄養アドバイスまで、施術後も再発しないように、しっかりケアします。




京都市西京区で産後の腰痛でお悩みの方は、京都中丸整体にご相談ください!
↑タップしてください↑


LINEでのご予約も簡単♪OK!!

LINEのID:yoe1146






 
初回料金


5000円+初診料3000円が、

今なら、初診料無料5000円〈税込



結果にこだわったワンランク上の施術を体感してください。





京都中丸整体カイロプラクティック

京都の整体、京都のカイロプラクティックなら京都中丸整体カイロプラクティックへ
骨格矯正・骨盤矯正・マッサージ
予約制の完全プライベート♪隠れ家サロン♪
 
京都府京都市西京区川島六ノ坪町63-6

バンブー
シュート洛西口Ⅰ 203号室

"Kyoto,Japan,chiropractic"
阪急洛西口徒歩3分 JR桂川駅徒歩10分

~ 京都 中丸整体カイロプラクティック ~


 


いい揉み返しと悪い揉み返しの違い



よく言われる「揉み返し」というのはマッサージした後などに現れる症状です
筋肉痛に似た痛みを伴う症状で心地よい痛みであったりその時によっては、かなりの激痛でもあったりします。

でも、

その揉み返しのような痛みが無くなったあとはスッキリするケースも実は多くあります。
スッキリする場合
良い揉み返しなんです。

では、

逆に、悪い揉み返しってのはどういう症状のことを言うのでしょうか?
今回はそのことについて解説していきます。



揉み返しとはそもそも、揉み返しとは一体何なのか?

揉み返しというのはネットで検索してみてもよく分かりますが筋肉が損傷して炎症が起きているとたくさん載っています。
だから強すぎる刺激は良くない。逆に筋肉を痛めつけている。余計に症状が悪化する。などと言われています。
コレ、けっこう一般常識的に言われています。

が、これらは本当は違います。

揉み返しが起こる施術はヘタクソで
揉み返しが起こらない施術は上手であるとされています。

しかし、

実際にボクがずっと施術してきた経験や自分がいろいろと施術を受けてきた経験から見えてきたことは、揉み返しが起きた時の方が腰痛や肩こりなどの症状が良くなるケースがたくさんあるってことです。


整体院では、この揉み返しは「好転反応」として説明しています。わざとこの好転反応を出させる方法も取り入れています。それは「早く良くなる」という理由から取り入れているのです。


良い好転反応は、揉み返しという言わば「筋肉痛」を起こさせることで早く筋肉をイイ状態に持っていく事が可能となります。
刺激を強く与えることになりますが強い刺激でも刺激の与え方によってはスゴく拘縮を起こしている筋肉にとって
めちゃくちゃゆるみやすい手技となるのです。
「ただ強く筋肉を押さえる刺激」
とは、あたり前ですが全然違うものなのです。

つまり

揉み返しというのは
「筋肉痛」を起こさせていることになるのです。



揉み返し(筋肉痛)は筋肉がどうなっている?

筋肉痛 揉み返しは言わば筋肉痛のこと。
ではいったい筋肉はどんな状態になってるのか?

⒈筋肉の損傷??

損傷筋肉先ほども述べたように揉み返しが起こるほとんどの場合、筋肉が損傷していることではありません。
筋肉痛(揉み返し)というのは、どのようなメカニズムで起こるのかは
科学的に未だにはっきりと分かってはいません。

しかし、この痛みは
筋肉が損傷して生じるものではないのです。
筋肉内の圧が高まって
筋肉痛(揉み返し)が発生するのです。

筋肉を動かすためには
糖質、脂質、時にはタンパク質というエネルギーが必要です。
この筋肉のエネルギー源は血液によって筋肉に運ばれます。
筋肉が活動している時は、それだけ血液などの水分が一時的に筋肉に集中します。一気に集中してしまうと筋肉の内圧も一気に高まりそのストレスが神経を刺激して「痛み」を誘発させるのです。(これは一説になります)
筋肉に刺激を与えると筋肉内ではこのようなコトが起こっているのです。

また

筋肉の損傷レベルが上昇しているにもかかわらず筋肉痛レベルはどんどん低下しているというデータもあります。

つまり

筋肉痛(揉み返し)が起きているのに筋肉は損傷していないということが分かってきます。本当にただ筋肉を刺激して筋肉を損傷させている場合もあると思いますがそうそう、そんなカンタンに筋肉は損傷しません。
手技レベルでは
筋膜、筋繊維ともに
そんなにカンタンに壊れませんってコトです。


⒉乳酸が溜まっている?

乳酸 もうかなり古い情報ですが「乳酸が溜まって筋肉痛が起きる」とされていた時代がありました。激しい運動で代謝プロセスで生じる「乳酸」。この乳酸は実は再利用可能なエネルギーで筋肉痛との因果関係はありません。乳酸から放出される「水素イオン」が溜まることで筋肉が酸性に傾いて
収縮や弛緩ができなるなることはありますがすこし休んで酸素がカラダの中を巡り出すと乳酸は再利用のために、また代謝されています。疲労の原因も乳酸とされている場合もありますがこれももう論外のものとされています。



良い揉み返しと悪い揉み返しの見分け方


良い揉み返しの場合、
その揉み返しの痛みは比較的すぐに取れます。
そして
カラダが楽になる方向に傾きます。

悪い揉み返しの場合、
その痛みが取れるのに時間がかかり
揉み返し自体の痛みが取れても
もともとあった肩こりなどの症状も変わりない
ということです。

要は、筋肉がしっかりゆるんでいるかそうでないかの違いです。筋肉がゆるむ手技でも筋肉がゆるまない手技でも揉み返しは起こります。

しかし、

当然それは筋肉のダメージではなくて筋肉痛と同じシステムが働くから。だから揉み返しが終わったあと、元の症状(肩こりや腰痛など)が少しでもラクになっているかどうかが揉み返しの良いor悪いを見極めるポイントになります。



強い刺激は筋肉を余計に硬くする?

強刺激 ちょっと余談的な話になりますが、これまたよく言われている事です。強い刺激(一般的にいうマッサージ)は筋肉を余計に固くして症状が良くならないという説が流れています。

「やさしいソフトな手技」
「なにをされているのかわからない」
「カラダを揺らすだけ」
「脳に働きかける手技」
などと謳っている施術所が多いのはこのためです。

実際のところ、そういった手技で劇的に症状が改善されるやり方もあります。
でも筋肉の拘縮をしっかりと的確にしかも迅速にゆるめる方法はしっかり刺激を入れること。長い経験でそれがやっぱりそうだなってコトがわかってきました。

「やさしいソフトな手技」
「なにをされているのかわからない」
「カラダを揺らすだけ」
「脳に働きかける手技」
という方法でも
筋肉をゆるめることはできます。

ちゃんと神経と筋肉に働きかけて痛みが取れたり動きがスムーズになる方法もありますが
しかし、筋肉をゆるめるためには時間がかかりすぎるのです。手っ取り早く効果的に筋肉の拘縮をゆるめたければ
刺激をしっかり筋肉に与えた方が良いのです。

脳に筋肉がゆるむように働きかけるというやり方も筋肉をゆるめてから脳にそれを覚えさせるという方が圧倒的に早く効果を出す事ができるのです。マッサージ的な筋肉をゆるめる方法でもそのやり方によってはかなり差が出てくるのです。


ただ安いから、ではなくしっかり知識を持った施術
者・セラピストにしてもらうのが一番です。

まずはお気軽にお問い合わせください

〒615-8103
京都府京都市西京区川島六の坪町63-6
バンブーシュート洛西口Ⅰ203号室

075-925-5075

お問い合わせ